やまのおばけずかん (どうわがいっぱい)

  • 講談社
4.15
  • (19)
  • (13)
  • (6)
  • (2)
  • (1)
本棚登録 : 371
感想 : 7
  • Amazon.co.jp ・本 (80ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784061981928

作品紹介・あらすじ

山のつむじ風にのって、かまいたちは人間のすねをヒュンと襲います。でもだいじょうぶ。このお話を読んでおけば、こわくないのです!

 「おばけずかん」シリーズは、昔から知られているおばけがいっぱい登場する、「図鑑」という名前の童話です。
 それぞれのおばけが、どんなふうに怖いのか。そうならないためには、どうしたらだいじょうぶなのかを、ユーモラスな短いお話仕立てで紹介しています。
 登場するおばけはちょっと怖いけど、ちゃんと対応してあげると、意外になさけなくて、かわいいところもあったりします。
 怖くて、笑えて、最後はホッとできる、新しいおばけの童話シリーズです。

〈登場する山のおばけ〉

かまいたち
あずきあらい
おおにゅうどう
やまびこ
おくりいぬ
さとり
やまんば

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 小1息子がはまってるおばけずかんシリーズ。学校の図書室で借りてきました。1番怖いのは「あずきあらい」、1番優しそうなのは「おおにゅうどう」らしいです。

  • やまんばのエピソードは、今時のこどもや大人もしっかり肝に命じる話だな。

  • 2回読みました。

  • おもしろい

  •  かまいたち、あずきあらい、おおにゅうどう…もしも、あってしまったら!?

  • ★★★★☆
    かまいたちやあずきとぎ、おくりいぬなど、山のお化けたちを楽しく解説。どんな悪さをするかとか、どんなシチュエーションで出会うかとか。
    お化けに出くわしてしまったときの、対処方法が斬新でした。
    ほんまにそのやり方なのか、それとも齋藤さんのオリジナルなのか・笑
    低学年から
    (まっきー)

全7件中 1 - 7件を表示

著者プロフィール

東京都生まれ。中央大学大学院文学研究科修了。『ルドルフとイッパイアッテナ』で講談社児童文学新人賞受賞、『ルドルフともだちひとりだち』で野間児童文芸新人賞受賞、『ルドルフとスノーホワイト』で野間児童文芸賞を受賞。1991年、路傍の石幼少年文学賞を受賞。本作品は、『かげろうのむこうで 翔の四季 夏』『黒と白のあいだで 翔の四季 秋』に続く、「翔の四季」シリーズの3巻目となる。

「2022年 『こえてくる者たち 翔の四季 冬』 で使われていた紹介文から引用しています。」

斉藤洋の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
ヨシタケシンスケ
モーリス・センダ...
有効な右矢印 無効な右矢印
  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×