まちのおばけずかん (どうわがいっぱい)

  • 講談社
4.18
  • (5)
  • (4)
  • (1)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 68
レビュー : 3
  • Amazon.co.jp ・本 (80ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784061981935

作品紹介・あらすじ

怖いけどおもしろい、「おばけずかん」シリーズ最新刊。町にも、こわ~いおばけがいっぱいいるけど、このお話を読めばだいじょうぶ!

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 夜道でいったんもめんに連れ去られそうになったら?!
    絵具で汚しちゃえば大丈夫!

    町に出るおばけと撃退方紹介。
    ユーモアがあって楽しい絵本です。
    「うみのおばけずかん」と「やまのおばけずかん」もあります。

  • 小学低学年が軽く読める内容でした。
    「からかさおばけ」や「いったんもめん」などの紹介と攻略法的な。
    あくまでも、軽く、明るく。
    それにしても、子どもは「おばけ」とか怖いくせに好きですね。

  • オバケにもしも会ったら、の話がそれっぽいのもあれば、ダジャレで済まそうとしているのも有りで、私にはいまひとつでした。

全3件中 1 - 3件を表示

著者プロフィール

1952年、東京都生まれ。。1986年、『ルドルフとイッパイアッテナ』で講談社児童文学新人賞受賞、同作でデビュー。1988年、『ルドルフともだちひとりだち』で野間児童文芸新人賞受賞。1991年、路傍の石幼少年文学賞受賞。2013年、『ルドルフとスノーホワイト』で野間児童文芸賞受賞。その他「ペンギンたんけんたい」シリーズ、「おばけずかん」シリーズ、/講談社、「白狐魔記」シリーズ/偕成社、「西遊記」シリーズ/理論社 「ナツカのおばけ事件簿」シリーズ/あかね書房、など著書多数。

「2018年 『古事記─日本のはじまり─』 で使われていた紹介文から引用しています。」

まちのおばけずかん (どうわがいっぱい)のその他の作品

斉藤洋の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
ヨシタケシンスケ
有効な右矢印 無効な右矢印
ツイートする