私の古寺巡礼 (講談社文芸文庫)

著者 :
  • 講談社
3.83
  • (4)
  • (7)
  • (7)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 79
レビュー : 5
  • Amazon.co.jp ・本 (240ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784061982086

作品紹介・あらすじ

「自分の道は発見できたといえるかも知れません」昭和39年の「西国巡礼」の旅を第一歩に、『かくれ里』『11面観音巡礼』等の清新な名著を著わした著者が、創作力旺盛な昭和五十年前後に、若い人たちに向けて書いた「お水取りの不思議」「熊野の王子を歩く」「近江の庭園」等の13篇を収録。失われゆく日本の風土・文化を愛惜し日本人の自然観や信仰を共に考え歩む"私の"巡礼紀行。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • ようやく読了。この本を読んで、神仏混交の意味がみえたような気がする。

  • 2019/11/15読了

  • 19/04/12。

  • このページへのリンクを作成する このページをウィジェットに表示する Twitterで共有

  • やっぱり古代からの日本の信仰は奥ゆかしくて美しい。私も私の古寺巡礼がしてみたくなりました。

全5件中 1 - 5件を表示

著者プロフィール

1910(明治43)年、東京生れ。実家は薩摩出身の樺山伯爵家。学習院女子部初等科卒業後、渡米。ハートリッジ・スクールを卒業して帰国。翌1929年、白洲次郎と結婚。1964年『能面』で、1972年『かくれ里』で、読売文学賞を受賞。他に『お能の見方』『明恵上人』『近江山河抄』『十一面観音巡礼』『西行』『いまなぜ青山二郎なのか』『白洲正子自伝』など多数の著作がある。

「2018年 『たしなみについて』 で使われていた紹介文から引用しています。」

白洲正子の作品

私の古寺巡礼 (講談社文芸文庫)を本棚に登録しているひと

ツイートする