雲・山・太陽―串田孫一随想集 (講談社文芸文庫)

著者 :
  • 講談社
3.00
  • (0)
  • (0)
  • (3)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 19
感想 : 1
  • Amazon.co.jp ・本 (325ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784061982246

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • この本に書かれていることは、登山の経験が無い人には想像することが難しい部分もあるかもしれない。山という自然の中での経験が、串田さんの思想に大きな影響を及ぼしていることは疑いようがない。それを都会の真ん中でこっそりと覗かせてもらっているようなそんな気持ちになる。たまに意味するところが分からないこともあるけれど、それでも別に良いと言われているような気もする。通りすがりで良いと、そんな風に。

    この本を読んで終始感じていたことがある。私の心の中にある普段は滅多に訪れることの無い場所に仙人みたいな人がいて、その人が話しかけているような、そんな感覚になるのだ。その場所は森のような草原のような、とにかく都会の喧騒を離れた大自然の中である。心地良い風が吹いていて、時間がゆっくりと流れている。私はその場所を知っているけれど、そこにいくことは滅多に無い。むしろその反対側にいることが現実だ。柔らかい笑みを浮かべて話しかけてくる仙人みたいな人は串田さん!? その場所にいることがとても自然。そこで生きている人みたい。

    つまり、私の中にも串田さんと共通する部分があるのだと思う。たぶん私自身が山登りの経験から得たものに違いない。私の中にその場所が存在することを串田さんの文章を読んでいるときに自覚した。そこから静かに話しかけれられていることも。たぶん、時々はそこへ行くべきなのだろう。そんな感じがしたのだった。

    本の感想としてはどうかと思うが、この本を読んでいて一番印象深いことはこの実感なのであった。

全1件中 1 - 1件を表示

著者プロフィール

哲学者・詩人・随筆家

「2022年 『寺田寅彦随筆集』 で使われていた紹介文から引用しています。」

串田孫一の作品

  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×