天国が降ってくる (講談社文芸文庫)

著者 :
  • 講談社
3.68
  • (14)
  • (6)
  • (26)
  • (0)
  • (1)
本棚登録 : 87
感想 : 12
  • Amazon.co.jp ・本 (361ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784061982314

作品紹介・あらすじ

主人公葦原真理男は九州の没落した旧家の末裔。新聞社に勤める父親の転勤によりロシアに暮すが、高校受験のために単身で帰国。父の友人の若い大学助教授中之島妙子の家に寄寓し、異国からの転校生として特異な日常が始まる。高速回転する真理男の精神はやがて晩年の感覚を所有し、自己昇華をめざす。パロディを駆使し、自意識を追究した島田文学の初期集大成。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 最後は文章の通り、天国が降ってくるのが見えた。読み入りは少し難しいかもしれないけど、半分超えたあたりからは映像を見ているような感覚になる。

  • 島田雅彦が\'85年に発表したこの作品は、狂気と刺激、そして愛に満ちた人生に於いて極めて強烈に残った一作です。初めてこの作品に触れた十代の頃はとにかく主人公・真理男に自身を重ねていたものです。彼の狂気の言動と行動が私の十代の感性にはリアルに感じられていたのだろう。感情移入するのにそう時間はかからなかった。真理男の言葉は滅茶苦茶でも真理を深く秘めている。彼は単純に世界を憎んでいるわけでも見下している訳でも無い。この世が天国であって欲しいと云う「願い」が強すぎるあまり、其の反作用として嫌悪が激しいのだ。それは焦がれる「世界」に認められない愛に飢えた孤児の様に。
    この作品の中には多くの印象的なシーンが登場する。例えば真理男が書いた「金脳児の生涯」という童話や彼がロシアで迷子になる場面、真理男の恋の遣り取り、最後に部屋に引き篭もる場面、総てのシーンが島田雅彦氏の流暢な文章で鮮明に描写される。其れらはどれも振り返るに、島田自身の生涯に密接に関わる出来事の描写ではないかと感じる。あたかも架空の世界を描いてある様に思わせながら、実は自伝とまではいかないまでも作者自身の体験して来た様々な嫌悪をここにぶちまけたのかも知れない。現に話の最後には真理男という人間が、作者その人であり読者自身であることを悟らされる。そう、この物語の主人公はやはり私たち読者だったのである。だが、その総ては作者の理想に満ちている。作者から読者への期待に満ちている。「真理男の様に生きろ」と。そしてこのメビウスの輪のような世界を断ち切れ、と。(…決して絶望しないように。)読後感に残る切なさを胸に大人となった私たちが天国に近づいているのかどうか、いつかあらためて読み返してみるのもよいかも知れない。

    • うぢ坊さん
      島田雅彦が'85年に発表したこの作品は、狂気と刺激、そして愛に満ちた人生に於いて極めて強烈に残った一作です。初めてこの作品に触れた十代の頃は...
      島田雅彦が'85年に発表したこの作品は、狂気と刺激、そして愛に満ちた人生に於いて極めて強烈に残った一作です。初めてこの作品に触れた十代の頃はとにかく主人公・真理男に自身を重ねていたものです。彼の狂気の言動と行動が私の十代の感性にはリアルに感じられていたのだろう。感情移入するのにそう時間はかからなかった。真理男の言葉は滅茶苦茶でも真理を深く秘めている。彼は単純に世界を憎んでいるわけでも見下している訳でも無い。この世が天国であって欲しいと云う「願い」が強すぎるあまり、其の反作用として嫌悪が激しいのだ。それは焦がれる「世界」に認められない愛に飢えた孤児の様に。
      この作品の中には多くの印象的なシーンが登場する。例えば真理男が書いた「金脳児の生涯」という童話や彼がロシアで迷子になる場面、真理男の恋の遣り取り、最後に部屋に引き篭もる場面、総てのシーンが島田雅彦氏の流暢な文章で鮮明に描写される。其れらはどれも振り返るに、島田自身の生涯に密接に関わる出来事の描写ではないかと感じる。あたかも架空の世界を描いてある様に思わせながら、実は自伝とまではいかないまでも作者自身の体験して来た様々な嫌悪をここにぶちまけたのかも知れない。現に話の最後には真理男という人間が、作者その人であり読者自身であることを悟らされる。そう、この物語の主人公はやはり私たち読者だったのである。だが、その総ては作者の理想に満ちている。作者から読者への期待に満ちている。「真理男の様に生きろ」と。そしてこのメビウスの輪のような世界を断ち切れ、と。(…決して絶望しないように。)読後感に残る切なさを胸に大人となった私たちが天国に近づいているのかどうか、いつかあらためて読み返してみるのもよいかも知れない。
      2009/01/14
  • 島田雅彦の小説の主人公(一人称)は、どれもこれもかっこよく見えてしまう。
    ぶっとんでる→かっこいい?
    かっこいいと思うかは人それぞれかもしれないけれど。
    マリオのキャラの強烈さったらない。

    かっこいい。

  • 主人公の壊れ方が胸に突き刺さる。痛くなりました。
    アシワラマリオに恋をした。
    人を喰って生きる特殊な人間の特殊な食生活。
    島田雅彦を核にして、私はその分身達に千回恋をする。

  • 僕は模造人間に感銘を受けたが、この話の主人公はヒロイックな人間では決して無い。

    かといってアンチヒーローでもない。ただひとつだけいえることは主人公がぶっ飛んでいることだけだ。

  • 若い島田雅彦が書きながら主人公とともに壊れていく様子が相当面白い。
    この人の作品、やはりこれ位の悪意とあきらめが込められていないと面白くないね。

  • 本当に降ってきます。そして僕は泣きました。

  • 衝撃作という言葉が似つかわしい。島田雅彦のすかした感じは嫌いではないが、同時にそれは作家としての限界のようにも思う。しかしこの作品には良くも悪くも力を感じた。

  • ワタシの島田作品の1番のお気に入り☆一番危険な島田雅彦が垣間見えます!

  • 青春の書がいつまでもサリンジャーでは世界も進歩がないだろう。現代日本の若者はもっとひねくれている。でも若さゆえの弱さは抱えているのは変わらない。ここに書かれた、真理男は自分自身だ、そう感じた若者はおれの知る限りでも三人(その一人はオレ)。まだまだライ麦畑には勝てないか?

全12件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

1961年生まれ。83年、「優しいサヨクのための嬉遊曲」でデビュー。著書に『彼岸先生』(泉鏡花文学賞)、『虚人の星』(毎日出版文化賞)、『君が異端だった頃』(読売文学賞)『スーパーエンジェル』など。

「2022年 『にごりえ 現代語訳・樋口一葉』 で使われていた紹介文から引用しています。」

島田雅彦の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
三島由紀夫
遠藤 周作
三島由紀夫
安部公房
有効な右矢印 無効な右矢印
  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×