上海・ミッシェルの口紅―林京子中国小説集 (講談社文芸文庫)

著者 :
  • 講談社
3.33
  • (1)
  • (0)
  • (5)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 20
感想 : 2
  • Amazon.co.jp ・本 (440ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784061982437

作品紹介・あらすじ

戦争の影迫る上海の街で、四人姉妹の三番目の「私」は中国の風俗と生活の中で、思春期の扉をあけ成長してゆく。鮮烈な記憶をたどる七篇の連作小説「ミッシェルの口紅」と、戦後三十六年ぶりに中国を再訪した旅行の記「上海」。長崎で被爆して「原爆」の語り部となる決意をした著者が幼時を過ごしたもう一つの林京子の文学の原点中国。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 『上海』も『ミッシェルの口紅』も、どちらも著者の幼少時、上海在住時代の想い出を小説仕立てで描いた作品です。『上海』の方は、引き上げてから三十数年、戦後になって初めて著者が上海を再訪する旅の記録です。単なる旅行会社のツアーに参加したので、自由に想い出をたどれる旅ではないですが、三十数年という時間、自由に見て回れないもどかしさ、旧上海と新中国の都市としての現在の上海の差、こういういくつもの差異が、著者の中でもどかしくも、適度の距離になっているような感じがします。『ミッシェル』の方は、完全に上海で暮らしていた当時のことを描いています。そこには、ごくごく一般的な日本人と中国人の交流が描かれていて、こういった人々の結びつきが戦争によって踏みにじられたかと思うと、やはり複雑な思いになります。

  • 戦前の上海に住む日本人家庭の女の子の視点で見た日常の描写がとてもよく当時を伝えてくれる。大活字本シリーズ/埼玉福祉会 発行版を読了。

全2件中 1 - 2件を表示

著者プロフィール

作家

「2018年 『現代作家アーカイヴ3』 で使われていた紹介文から引用しています。」

林京子の作品

  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×