ドイツ悲哀劇の根源 (講談社文芸文庫)

  • 講談社
3.33
  • (2)
  • (0)
  • (3)
  • (0)
  • (1)
本棚登録 : 24
感想 : 1
  • Amazon.co.jp ・本 (552ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784061982499

作品紹介・あらすじ

ベンヤミンは本書の文章の組み立て方をモザイク画にたとえた。描き出された事象は二十世紀という夜を背景に浮かびあがった星座さながらである。星は暗くなければ目に見えない。本書の対象であるドイツのバロック時代もまた夜であった。ベンヤミンは暗がりの中に埋もれた未完結な現象を、さらに深い闇から観察することによって、二十世紀の根源的な意味を明るみに出す。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • ―2003年2月―

  • [ 内容 ]
    ベンヤミンは本書の文章の組み立て方をモザイク画にたとえた。
    描き出された事象は二十世紀という夜を背景に浮かびあがった星座さながらである。
    星は暗くなければ目に見えない。
    本書の対象であるドイツのバロック時代もまた夜であった。
    ベンヤミンは暗がりの中に埋もれた未完結な現象を、さらに深い闇から観察することによって、二十世紀の根源的な意味を明るみに出す。

    [ 目次 ]
    認識批判的序論(トラクタートの概念;認識と真理;哲学的な美 ほか)
    悲哀劇と古代悲劇(バロックの悲劇理論;重要ではないアリストテレスの影響;悲哀劇の内実としての歴史 ほか)
    アレゴリーと悲哀劇(古典主義におけるシンボルとアレゴリー;ロマン主義におけるシンボルとアレゴリー;近代アレゴリーの根源 ほか)

    [ 問題提起 ]


    [ 結論 ]


    [ コメント ]


    [ 読了した日 ]

全1件中 1 - 1件を表示

著者プロフィール

1892-1940 ドイツの思想家・文学者。「ドイツ悲劇の根源」「パサージュ論」など

「2011年 『ベンヤミン・アンソロジー』 で使われていた紹介文から引用しています。」

ヴァルター・ベンヤミンの作品

  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×