女獣心理 (講談社文芸文庫)

著者 :
  • 講談社
3.23
  • (1)
  • (1)
  • (11)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 50
感想 : 5
  • Amazon.co.jp ・本 (260ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784061982536

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 『ヘンリー&ジューン』のジューンを彷彿とさせる魔性の女ソヤが破滅していくまでの物語。主人公はソヤに惹かれ、彼の妻沙子もまたソヤを愛すという三角関係の末に、2人を捨てて狂死という、日本文学にはあまりない展開です。
    主人公のいるまえで、再開したソヤと沙子が2人だけで親密に語り合うシーンはもろにジューンとアナイスという感じで美しいです。
    「ええ、毎晩、そして暗い間は寂しかったの。」
    「ほんとうに…」

  • 美はしきもの見し人は はや死の手にぞわたされつ 愛の痛みは果てもなし 美の矢にあたりしその人に
    TRISTAN, August von Platen

  • 2018.11.27 図書館

  • 美大を出、「自然の模倣以上に、美を創造する」才能を持ちながら、父母の死により、諏訪伯爵の庇護下で男達の憧憬の的になるも、伯爵からの愛情の為に失踪し、生活の為徹夜で働く、九曜征矢(くようそや)、レダと呼ばれる女。巷間からは「堕落した女」になったと事実無根のレッテルを貼られ、弁解する事もなく、ただ自分の矜恃を守り、その悩み多き魂がついに狂う迄を、私=新和塁(しんなとりで)の目から語られた物語。「人間にとって幸福な状態は調和か狂気」と友人であり塁の許嫁の沙子に語るレダ。「ああ狂者のみが独り幸福である。彼等は現実の感情を失ってしまったから。」〜モーパッサン

全5件中 1 - 5件を表示

野溝七生子の作品

  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×