ロング・グッドバイ 寺山修司詩歌選 (講談社文芸文庫)

著者 :
  • 講談社
3.77
  • (18)
  • (14)
  • (28)
  • (2)
  • (0)
本棚登録 : 145
感想 : 16
  • Amazon.co.jp ・本 (256ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784061982901

作品紹介・あらすじ

昭和二十九年、十八歳で「短歌研究」新人賞を受賞。二十一歳の時最初の作品集『われに五月を』を刊行。「天井桟敷」の設立ほか多分野に亘って人々を魅了した寺山修司の代表的作品群を新編集。詩、短歌、俳句、物語、散文詩の五章で構成し、未刊詩集、未刊歌集、絶筆、遺稿等を含め収録。「私という謎寺山修司エッセイ選」と対をなす決定版詩歌集。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • *
    書くことは速度でしかなかった
    追い抜かれたものだけが紙の上に存在した

    読むことは悔誤でしかなかった
    王国はまだまだ遠いのだ


    ロング・グッドバイ/事物のフォークロア より
    *

    "祖国"の中に生きる「私」とは一体誰か?言葉が速度を持ち、重みを背負って空を飛ぶ


    *
    子供の頃、ぼくは
    汽車の口真似が上手かった

    ぼくは
    世界の涯てが
    自分自身の夢のなかにしかないことを
    知っていたのだ

    「懐かしのわが家(遺稿)」
    *

    かっこいい…

    言葉は、どこかにある世界の果てでも、永遠でも可能にする。

  • 詩集。

    有名な方だが未読だったので読んでみた。
    詩の世界の標準がわからないが、想像を超える
    比喩や表現がでてきて、小説とは違った世界が
    楽しめる。
    この人には何が見えていたのだろう。

  • ロング・グッドバイ―寺山修司詩歌選
    (和書)2011年04月19日 22:26
    2002 講談社 寺山 修司


    寺山修司さんの競馬の本とかさかさま何とか伝シリーズは読んだことがあったけれど詩とかはあまり読んだことがなく、取り敢えず手に取りやすかったこの本を読むことにしました。僕的にはかなり良い本だと思いました。言語による様々な表現が織りなされていて堪能できました。

    最近思うことは言語のよる表現とは当たり前だけれど虚構であるということ。それを最近は言葉で言われてそうだと思っていても考えることができなかったものがそういえば虚構であるということが考える上で前提にすることができるようになってきたことが大きな収穫だと思った。

  • どんな鳥も想像よりは高く飛べない。この言葉が載っている本に興味があって読んだのだが、他の詩はもう忘れてしまった。もう一度読みたい。

  • 表題のロング・グッドバイという詩が好きで、なんども読み返している。しかも気に入っているのは最初の二行。そういうものだと思う。でも、最初の二行はとてもかっこいい。

    血があつい鉄道ならば
    走りぬけてゆく汽車はいつかは心臓を通るだろう

  • 最高です。特に詩がいい!

    ちなみに、3/31日まで、世田谷文学館で、「帰ってきた寺山修司」展が開催されているそうです。

    寺山修司は戯曲、映画、エッセイもいいです。YouTubeにあがってる講演では寺山さん自身が彼の劇作を語っています!

  • 物語が特に印象深い。描写がどれも綺麗で読み入ってしまう。

  • 詩では輪舞、かずこについて、が好き。物語では浪曲新宿お七、が珠玉。書店にて文庫でこの値段は高ぇと思ったけど、とんでもない。

  • ぼくは
    世界の涯てが
    自分自身の夢の中にしかないことを
    知っていたのだ

    走ることは思想なのだ。あらゆるものは走りながら産まれ、走りながら死んだ。
    走り休息するには駅が必要だ。でも、どこにも駅はなかった。
    駅を必死に探しているうちに死んでしまう。駅こそは第二の「癌の谷」なのだ。

    遺稿を含んだ、心の闇とのたたかいの本。

  • 神奈川などを舞台とした作品です。

全16件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

1936年青森県生まれ。83年、敗血症により逝去。早稲田大学中退後、歌人、詩人、小説家、劇作家、劇団「天井桟敷」主宰者など、独創的な発想でマルチな才能を発揮。「書を捨てよ、町へ出よう」など著書多数。

「2021年 『花嫁化鳥』 で使われていた紹介文から引用しています。」

寺山修司の作品

  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×