インド綿の服 (講談社文芸文庫)

著者 :
制作 : 齋藤 礎英 
  • 講談社
3.94
  • (9)
  • (0)
  • (8)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 50
レビュー : 4
  • Amazon.co.jp ・本 (200ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784061982918

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 庄野さんご一家(主に長女のお夏さん(笑))のまったりエッセイ。
    「金時のお夏」、こと長女の夏子さんによるお手紙がユーモラスでこちらまで幸せな気分を味わえます。
    なんだか無性にお手紙を書きたくなる。
    そんな微笑ましいエッセイです☆

  • 庄野潤三は一度ちゃんと読んでみたい。

  • 2009/9/25購入

  • 庄野さんと奥様との暮らしと独立したお子さん
    お孫さんとの交流などなど庄野さんの日々です。

    ユーモアがあって楽しい娘さんの・・・夏子さんのファンです。

全4件中 1 - 4件を表示

著者プロフィール

庄野潤三(1921.2.9~2009.9.21) 小説家。大阪生まれ。大阪外国語大学在学中、チャールズ・ラムを愛読。九州帝国大学卒。1946年、島尾敏雄、三島由紀夫らと同人誌を発行。教員、会社員を経て小説家に。55年、「プールサイド小景」で芥川賞受賞。57年から一年間、米国オハイオ州ガンビアのケニオン大学で客員として過す。60年、『静物』で新潮社文学賞、66年、『夕べの雲』で読売文学賞、71年、『絵合せ』で野間文芸賞を受賞。芸術院会員。80年、ロンドン訪問。80歳以降も毎年刊行された一家の年代記的作品は、世代を超えた多数の愛読者をもつ。『庄野潤三全集』(全10巻)ほか著書多数。

「2016年 『星に願いを』 で使われていた紹介文から引用しています。」

インド綿の服 (講談社文芸文庫)のその他の作品

インド綿の服 ハードカバー インド綿の服 庄野潤三

庄野潤三の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
庄野 潤三
関口 良雄
庄野 潤三
有効な右矢印 無効な右矢印
ツイートする