輪廻の暦 (講談社文芸文庫)

著者 :
  • 講談社
3.67
  • (1)
  • (0)
  • (2)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 16
感想 : 1
  • Amazon.co.jp ・本 (248ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784061982956

作品紹介・あらすじ

離婚を戦いとり、一人息子と妹を抱えた生活は窮迫するが、嫩は書くことに生きる光明を見出していく。そんな折り、かつて幼い嫩を捨てて駆け落ちした母を捜して引きとった。こんどは母のわがままと気紛れに翻弄され、執筆時間を奪われる日々が始まる-。凄絶な苦闘の半生を毅然と描き切った自伝的長篇三部作「蕁麻の家」「閉ざされた庭」につづく完結篇である。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 離婚してひとりで息子を育てるふたばの話。洋裁で生活していたときに、同人誌に入って父親のことを書けと言われる。必死で文章を書くふたばには別れた夫じゃないけど尊敬を覚える。同人誌とか小説家たちに親近感を感じたので☆5。
    朋子と自分を捨てた母親を引き取り、小説を書いて生計を立てる。父、洋之助の血をいちばんひいていたこと洋之助も、わかっていたのかもしれない。三部作ほぼ一気読み。『蕁麻の家』はそのうち手元に置きたい。

全1件中 1 - 1件を表示

萩原葉子の作品

  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×