独断的作家論 (講談社文芸文庫)

著者 :
  • 講談社
3.17
  • (0)
  • (1)
  • (5)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 16
感想 : 1
  • Amazon.co.jp ・本 (459ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784061983366

作品紹介・あらすじ

「蔵の中」「思い川」「枯木のある風景」などの名品を残した著者は、また文芸評論にも筆をふるい評論家としてのひらめきを発揮した。本書は、斎藤茂吉、永井荷風、森鴎外、里見〓@4CEE@、川崎長太郎、稲垣足穂、島木健作等をはじめ、親しかった加能作次郎、牧野信一、葛西善蔵、嘉村礒多の思い出を、機知に富んだ独得の文章で綴った作家論。文学の鬼と称された宇野浩二の真骨頂。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 「文学の鬼」宇野浩二の独断的作家論。これにも、稲垣足穂と江戸川乱歩が一緒に語られています。

全1件中 1 - 1件を表示

宇野浩二の作品

  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×