花筐・白雲悠々 (講談社文芸文庫)

著者 :
  • 講談社
4.17
  • (2)
  • (3)
  • (1)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 21
感想 : 3
  • Amazon.co.jp ・本 (288ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784061983458

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 森泉岳士「うとそうそう」での大林宣彦監督の解説つながりで。

  • 『花筐』『母の手』『終りの火』『元帥』『白雲悠々』『光る道』全六篇

  • おいおい、「花筐」はスゲー短編だっての! わたくし、かなり、ショーゲキが、きました。その濃密で淫靡でいながら、花香り緑まぶしい美しい風景。まるで、目を閉じると、その美しく鮮やかな景色がそのままそこに広がるようで、とても、視覚的に、鮮烈な印象を残します。少年少女たちの青春小説のようでいて、だけどどこか暗く、退廃的で、あざとい描写は何もないのに、全編を通じてほのかにエロティックで、若き日の三島由紀夫がこの短編を愛読していたと聞いて、ああ、そうだろうな、と素直に納得した私がいました。うん。少年たちの描き方が、ちょっと、ドキッとするほど色っぽい。

全3件中 1 - 3件を表示

著者プロフィール

1912年、山梨県生まれ。東京帝国大学経済学部在学中に処女作『此家の性格』を発表。50年『真説石川五右衛門』で直木賞受賞。最後の無頼派といわれた。文壇きっての料理通としても有名。主な著作に、律子夫人の没後に執筆した『リツコ その愛』『リツコ その死』のほか、『火宅の人』『檀流クッキング』など。1976年死去。

「2016年 『太宰と安吾』 で使われていた紹介文から引用しています。」

檀一雄の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×