ジョン・レノン対火星人 (講談社文芸文庫)

著者 :
制作 : 内田 樹 
  • 講談社
3.66
  • (39)
  • (71)
  • (81)
  • (8)
  • (4)
本棚登録 : 578
レビュー : 60
  • Amazon.co.jp ・本 (256ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784061983656

作品紹介・あらすじ

住所はなく、消印は「葛飾」、そして差し出し人の名前は、「すばらしい日本の戦争」…名作『さようなら、ギャングたち』に先立つこと一年、闘争、拘置所体験、その後の失語した肉体労働の十年が沸騰点に達し、本書は生まれた。「言葉・革命・セックス」を描きフットワーク抜群、現代文学を牽引する高橋源一郎のラジカル&リリカルな原質がきらめく幻のデビュー作。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • こちらも約30年ぶりの再読。タイトルからしてインパクト大。だいたい『○○対○○』系のタイトルは、その組み合わせの時点でどれだけ笑いを取れるか・・・もとい、興味を引けるかが勝負だと思うので、これはもうタイトルだけで勝ってると思う。まあジョンレノンも火星人も作中にはそもそも出てこないし戦わないし万一戦ったらどっちが強いのかはわからないけれど。

    (余談ながらこの手のタイトルのあほらしさの最高峰は『エイリアンvsヴァネッサ・パラディ』だと思う。最近だと『シャーロック・ホームズ対伊藤博文』というのを本屋で見かけてとても気になった・笑)

    一応ストーリーらしきものはあり、盗作常套三流ポルノグラフィー作家の主人公のもとへある日突然『すばらしい日本の戦争』と名乗る人物から猟奇的な死体の描写ばかりを書き綴ったハガキが毎日届くようになる。のみならず、実は殺人犯である彼は出所してきて、主人公と恋人「パパゲーノ」(※どっちも男)の暮らす部屋に押しかけ同居。ナンバーワントルコ嬢の「テータム・オニール」の協力で、彼らは『すばらしい日本の戦争』の頭に住みついた死体を追い出すべく治療を開始する。

    無理やりタイトルの意味を解題しようとするならば、望まれない闖入者=火星人=『すばらしい日本の戦争』、彼を愛でもって更生させようとする主人公たち=ジョン・レノン、というこじつけも可能だし、解説を参考にするならば、暴力VS愛、というシンプルな意味にも解釈できる。まあ深読みせずとも面白いものは面白い。

    若い頃より今のほうが自分の知識が増えているので、単純に実在の人名などだけでも、理解できる部分が増えてより楽しめた気がする。元ネタを知らないと笑えないという意味では、髙橋源一郎実は衒学的な作家なのかもしれない。

  • 最初のとっつきにくさを呑み込んでしまえば、ある瞬間に強烈なドライブがかかる。
    エグさやグロさ、良識や善悪も越えて描かれる世界。
    クセになる。

  • さよならギャングの高橋源一郎の作品。ひさびさに触れたが文節では理解できるがトータルでは実験小説のよう。奇しくもビートルズのレボルーションNo.9のような小説。

  • 面白い。とても面白い。たまには脳の別の部分で読書したくなるときは特にお薦め。
    あらすじを求める作品ではない。

  • これもある意味不条理文学なのか。誰一人まともな登場人物がいない。その一人一人の個性がとても楽しい。特に好きなのは素晴らしい日本の戦争

  • 混沌の沼に沈み込められ惹き付けられた、グイグイ読める文章で気が違えている、クレイジーで勢いが在って良かった!

  • ボルノ作家の話。よくわからない

  • はっきりと意味が分かったわけでないけどものすごいグルーヴ感で読むの止まらなくなる。パワフルなのに物哀しい。

  • 突発性小林秀雄地獄…ww

  • <図書館の所在、貸出状況はこちらから確認できます>
    https://libipu.iwate-pu.ac.jp/mylimedio/search/book.do?target=local&bibid=329778

全60件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

高橋源一郎(たかはし げんいちろう)
1951年、広島県生まれの作家、評論家。明治学院大学国際学部教授。1981年『さようなら、ギャングたち』で群像新人賞優秀作を受賞しデビュー。『優雅で感傷的な日本野球』で第1回三島由紀夫賞、『日本文学盛衰史』で第13回伊藤整文学賞、『さよならクリストファー・ロビン』で第48回谷崎潤一郎賞を受賞。

ジョン・レノン対火星人 (講談社文芸文庫)のその他の作品

高橋源一郎の作品

ジョン・レノン対火星人 (講談社文芸文庫)を本棚に登録しているひと

ツイートする