残光のなかで (講談社文芸文庫)

著者 :
  • 講談社
3.50
  • (3)
  • (0)
  • (4)
  • (0)
  • (1)
本棚登録 : 28
感想 : 2
  • Amazon.co.jp ・本 (256ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784061983717

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 柔らかく優しい文章で心に沁みる短編8選です。

    著者は元京大教授でフランス文学者です。パリには3度都合3年以上滞在し滞在時の小説(散文)の著書が多く出版されて居ります。

    この小説は文章が柔らかく読む者にすっと入って来るギラギラした飾り立てのない簡素で優しい調子が全編共に感じられます。

    ”残光のなかで”:モンマルトルの墓地にゾラの墓を訪ね守衛に墓の場所を尋ねると彼はバカンスに出ているとの粋な返事に著者は愉快で爽快な気分に浸る。

    ”メルシー”:コーマルタン街のアパートに滞在している間毎朝フランスパンを近所のパン屋へ買いに出掛けるがそこの女将が馴染み客になっているのに挨拶もしてくれない無愛想さに腹を立てる。
    たった一言のメルシーを聞きたい為に悶々とする孤独な日本人の気持ち。

    ”糺の森”:軍需工場でたまたま同じ作業担当となった女性”ネズミ”を思い続けるが終戦と共にそれぞれの生活で音信不通に、再び糺の森で偶然の再会をする。そんな30年以上も前の淡い記憶を50歳になった自分は診療所で治療を受けながら目を閉じネズミを思い出す。

    どの編でも時間・場所・人物・風景がはっきりと目に浮かび静かに語りかけてくる作品です。

  • 再読。「メルシー」の無愛想なパン屋のおばさんが懐かしい。若い日のフランス留学時代、「言語的飢餓状態」ともいうべき孤独感に陥り、「書くことはほとんど生理的な必要だった。書きながらわたしの身体はふるえた」と後書きにあった。簡素で軽やかな文体を生んだ孤独。

全2件中 1 - 2件を表示

著者プロフィール

1960年、長野県生まれ。日刊ゲンダイ編集部長などを経て独立。編集工房レーヴ代表。
東洋経済オンラインなどに経済、社会、地方関連の記事を執筆。信州育ちもあり、30代から山の世界にはまり、月に3回は山歩きを楽しむ。山の著書多数。

「2022年 『60歳からの山と温泉』 で使われていた紹介文から引用しています。」

山田稔の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
フランツ・カフカ
ポール・オースタ...
ポール・オースタ...
三島由紀夫
フォークナー
有効な右矢印 無効な右矢印
  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×