寂兮寥兮 (講談社文芸文庫)

著者 :
  • 講談社
3.20
  • (1)
  • (4)
  • (14)
  • (0)
  • (1)
本棚登録 : 53
感想 : 8
  • Amazon.co.jp ・本 (192ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784061983830

作品紹介・あらすじ

幼なじみの万有子と泊は、ごっこ遊びの延長の如き微妙な愛情関係にあったが、それぞれの夫と妻の裏切りの死を契機に…。ふたりを軸に三世代の織りなす人間模様は、過去と今、夢とうつつが混じり合い、愛も性もアモラルな自他の境なき幽明に帰してゆく。デビュー以来、西欧への違和を表現してきた著者が親炙する老子の思想に触発され、生と性の不可解さを前衛的手法で描いた谷崎賞受賞作。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 女ってぐにゃぐにゃしたものだな、と思った。
    大体、そういう話を読むと、自己嫌悪に落ち入るのだけれど、この本はそうじゃなかった。
    説教くさくもなく、罪悪感をあおることもなく、女のぐにゃぐにゃさを描いていると思った。

  • あの頃(1980年代)の雰囲気が漂う小説ですね、女性たちが「妻」であることに憤懣や、やるせなさを思いながら、思い切っての飛翔は怖いとグラグラふにゃふにゃしている。つまり「妻たちの思秋期」や「翔ぶのが怖い」という言葉が流行りましたね。

    そのことを上品に(おぼろげに)かつ果敢に表したファンタジー小説かと。神話の天智天皇、天武天、皇額田女王の世界に題材をとりながら、隣家の男兄弟と兄を失い家付き娘となって婿を迎えた女性とのご近所での恋愛模様。それは神話の世界にもあるし、『嵐が丘』にもあるし、古典的なみやびの世界でもあるので「谷崎潤一郎賞」というのもむべなるかな。

  • 老荘思想や神話の世界観などが引き合いに出されるが、あまりそういうものにとらわれないで読んだほうがいいかもしれない。隣同士の家に住む幼なじみの男女が互いの連れ合いを交通事故でなくすのだが、実は死んだ者たちが不倫関係にあったことがわかり、当の彼らもその関係を反復するように性愛の仲になってゆく。筋は単線的ではなく、喚起力の強いイメージや言葉とともに複雑に絡み合っていて、途中で挿入される入れ子の小説が全体に深い暗示を与えている。とにかく主人公の女の徹底的に冷めた感じがうっとりするほどすばらしく、女性という性の最も深いところの孤独と意地悪さを体現していると思う。

  • 大庭みな子『寂兮寥兮』を読む。
    はじまりも終わりもなく、登場人物たちの顔もないように感じられる小説。
    書かれていることが結婚式なのかお葬式なのかもわからなかったりする。
    夢で猫になったりもする。
    面白いところはあったから、もう一冊くらい読んでみたい。

  • 2008/10/14購入

  • 難しい。人間関係とかストーリは分かりやすいんだけど、難解。登場人物の名前から臭すぎる。結局娘の名前はなんて読むんだ。フロイトとか漢詩とか日本史とか天皇とか日本神話とか厄介な伏線がいっぱ張られていてお腹いっぱい。研究のしがいがあるわー。一回読んだだけでは理解出来ないと云うか前半ですでに私の頭のキャパを超えたので、読み直さなくちゃ。初めて読んだみな子作品だったけど、結構好きでした。(難しいけど)谷崎に似た雰囲気を持っていて素敵でした。途中「これって谷崎の『少年』のパロディなのかな」と思う所があって気になりました。みな子は予想外に深すぎる作家でした。ほかの単行本も欲しいけど、本やさんになかなか置いてなくていらっとする。

  • 夢を見ているような気分になるくらい,すーっと入っていく感じ。まさに本全部が「寂兮寥兮」で,寂寥感とか靄がかかっているような匂いがあると思いました。素敵な一冊です。

  • 毎日新聞2007.6.17

全8件中 1 - 8件を表示

著者プロフィール

1930年、東京生まれ。津田塾大卒。68年、処女作『三匹の蟹』で群像新人賞、芥川賞を受賞。代表作に、谷崎潤一郎賞作『寂兮寥兮(かたちもなく)』、野間文芸賞作『啼く鳥の』、川端康成文学賞作『赤い満月』など。小説の他にも、詩、エッセイ、評論、翻訳など幅広い著作を生み出している。芥川賞など数々の賞の選考委員もつとめた。

「2005年 『大庭みな子全詩集』 で使われていた紹介文から引用しています。」

大庭みな子の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
J.L. ボルヘ...
谷崎潤一郎
有効な右矢印 無効な右矢印
ツイートする
×