詩人のノート (講談社文芸文庫)

著者 :
  • 講談社
4.00
  • (4)
  • (3)
  • (4)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 40
感想 : 1
  • Amazon.co.jp ・本 (288ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784061983847

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 詩人、タムラさんの「珠玉の」エッセイ集。
    「窓」という一篇が、ぼくのお気に入り。

    「室内をつくりだすのは、
    じつは窓の外にあるものによってである。
    だから、室内を変えようとするなら、
    あなたは窓の外にあるものを変えなければならないのだ。」

    というフレーズは、読むたびに痺れます。

全1件中 1 - 1件を表示

著者プロフィール

田村隆一

一九二三(大正十二)年東京生まれ。詩人。明治大学文芸科卒業。第二次大戦後、鮎川信夫らと「荒地」を創刊。戦後詩の旗手として活躍。詩集『言葉のない世界』で高村光太郎賞、『詩集1946~1976』で無限賞、『奴隷の歓び』で読売文学賞、『ハミングバード』で現代詩人賞を受賞。ほかに『四千の日と夜』など。推理小説の紹介・翻訳でも知られる。一九九八(平成十)年没。

「2019年 『詩人の旅 増補新版』 で使われていた紹介文から引用しています。」

田村隆一の作品

  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×