花影 (講談社文芸文庫)

著者 :
  • 講談社
3.27
  • (3)
  • (6)
  • (9)
  • (2)
  • (2)
本棚登録 : 71
レビュー : 11
  • Amazon.co.jp ・本 (208ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784061984400

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • フロベールの「ボヴァリー夫人」を彷彿とさせる葉子。
    最初から葉子の運命は決まっていた。なにせ葉子のモデルは自殺した作者の愛人なのだから。けれども、現実をそのまま流用するようなアホな作者ではない。むしろ、あまりにしたたかである。
    むろん、語り手は安易に葉子を理解できるとはそもそも思っていない。しかしどうにか理解しようとあがいている。卑俗化への欲望、また崇拝への欲望をも抑制している。またはその両方をうまく含ませている。
    葉子はなぜ死んだか。本書におけるいちばんの謎は、けっきょくのところ、直接は語られ「ない」。
    しかし、男、金、時間、近代、そうした、新しい意匠をまとったものどもが、葉子をじわじわと嬲り殺していく様子が克明に描かれている作品。

  • 魅力はあるらしいが、特に野心もなく優しいのが取り柄のような主人公のホステス葉子。パトロンと別れるところからはじまるのだが、男の間をふらふらしてそのままうだつが上がらず自殺する。30代独身の身としては危機感を煽られる部分もあったが、本編よりも小谷野敦の解説の方が刺激的だった。葉子のモデルの人物は大岡昇平自身と関係があったらしいが、それ以前に坂口安吾と情事を持ち、菊池寛の庇護を受け、小林秀雄と中原中也に求婚され、白洲正子とお友達だったらしい。こんな人物紹介を読んだら葉子や葉子の客たちが貧相に感じちゃうよ。

  • -

  • 時間が許せば。

  • 知り合いの年配の男性に勧められて読んだ本。その人は「いい小説だよ」と言っていたのだけど、私は読み始めて数ページで「何だこの胸糞悪い話は」と思ってしまった。巻末の解説を読んでさらにびっくり。まさか実在のモデルがいて、大岡昇平自身もその一人とは。
    誰もがあまりに醜く、馬鹿らしい。それでも私は葉子は死なないだろうと思っていた。きっと周りの人たちも考えもしなかっただろう。
    高島はたとえお金があったとしても、葉子と一緒にはならなかった気がする。「お金がないから幸せにできない」は言い訳なのだ。この人たちにとっての幸せって何なんだろう。ものすごく空虚な人生を見せられた感じだ。葉子にも同情する気にはならない。
    とはいえ自分が睦子だったら、これをネタに小説にされるのはものすごく嫌だと思うのだが。無神経すぎやしないか。「花影を踏めば満足だ」?すごく勝手な言い分でむかむかする。責任を負いたくないだけじゃないの?
    もうすぐ70になる既婚男性と独身三十路女では読み方が違って当然なのだけど、これ本当に「いい小説」か?と、勧めてくれた当人にも正直に感想を伝えようと思う。

  • あるホステスの生涯と最後を描いた小説。四十近い年齢のヒロインは、やり手でもなくただ男に流されるだけの女性で、「老い」は誇りだった美貌や健康を少しづつむしばんでいて、それらを自覚している。空虚な彼女と取り巻く男性たちのエゴが痛々しい。容赦無い心理描写はヒロインを擁護しておらず、丹念に描かれる自殺の準備と実行。息を飲んで読み続けた。ネットでこの小説を調べるとモデルがいて、大物文学者たちの愛人だったそうで著者もその一人だったと知った。うーむ……

  • 韓国、釜山などを舞台とした作品です。

  • ひとつひとつの場面が美しくてわたしの宝物。

  • 『花影』の続きを、ラーメン屋で、頼んだ赤味噌ラーメン大盛りが出来上がるまで読んでいたら、まずい、落涙しそうになる。
    この小説は、誰にも見られない場所、そう、たとえば、風呂の中だとかで読むべきだった。
    体の底深い部分に振動がくる。
    反射的に体がビクンと痙攣する。
    いかん、いかん。

    葉子に似ている女を、具体的に知っているわけではない。
    葉子はそれ自体としては存在しない。
    葉子はむしろ、男の感覚器を通して描かれているフシがある。
    だから、自分の任意の経験が、容易に投影でき、追体験できる。
    ラーメン屋で、まざまざと別れた女の背中が見えるのは、つらいことだ。
    「はい、赤味噌大盛り」の声に、現実に返る。

       *

    強烈に、はかない小説。

       *

    書かれた当時の女性観に、やや違和感があります。
    そこを乗り越えることができれば、味わえます。
    いま読むと微妙です。
    外国の小説という気分で読む必要がありそうです。

       *

    『武蔵野夫人』は、いま読むと厳しいけれど、
    この小説は生き残ったと言えます。

  • 【お金が無いので再読】
    読みやすかったが、葉子の描写はそんなに実感出来るものでもない。

    オンナの衰えを描きこんでるけど寄り添って描いてないから、外側の描写だけっていう感じな点。

    さらには葉子の生き方にも賛同出来なかった点。
    もちろん女給がどうとかいうレベルの話じゃなくて。
    行動・思考の話で、あたしとは違うなぁと。
    オンナを外側からみたら、そうなるかもな、という位。

    でもダメダメな感じでもなくまーまーかな。

    解説(新潮文庫版)には俘虜記で足らなかった女を書いたとあったけど、以上の理由から花影でも描ききれてはないのは確か。

    それに対し、女から見たじじぃの描き方は確かなんじゃないかな、と思った。
    そういう観点からは女を描いたとはいえるかな。

全11件中 1 - 10件を表示

プロフィール

明治四十二年(一九〇九)東京牛込に生まれる。成城高校を経て京大文学部仏文科に入学。成城時代、東大生の小林秀雄にフランス語の個人指導を受け、中原中也、河上徹太郎らを知る。昭和七年京大卒業後、スタンダールの翻訳、文芸批評を試みる。昭和十九年三月召集の後、フィリピン、ミンドロ島に派遣され、二十年一月米軍の俘虜となり、十二月復員。昭和二十三年『俘虜記』を「文学界」に発表。以後『武蔵野夫人』『野火』(読売文学賞)『花影』(新潮社文学賞)『将門記』『中原中也』(野間文芸賞)『歴史小説の問題』『事件』(日本推理作家協会賞)『雲の肖像』等を発表、この間、昭和四十七年『レイテ戦記』により毎日芸術賞を受賞した。昭和六十三年(一九八八)死去。

「2018年 『レイテ戦記(四)』 で使われていた紹介文から引用しています。」

花影 (講談社文芸文庫)のその他の作品

花影 (講談社文芸文庫) Kindle版 花影 (講談社文芸文庫) 大岡昇平
花影 (集英社文庫)の詳細を見る 文庫 花影 (集英社文庫) 大岡昇平
花影 (新潮文庫) 文庫 花影 (新潮文庫) 大岡昇平

大岡昇平の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

ツイートする