三島由紀夫文学論集 II (講談社文芸文庫)

  • 講談社
3.33
  • (0)
  • (1)
  • (2)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 21
感想 : 1
  • Amazon.co.jp ・本 (352ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784061984424

作品紹介・あらすじ

文壇の寵児としての華やかな交遊、結婚、子供の誕生というプライヴェートの充実、剣道とボディ・ビルへの熱中、演劇・映画への傾斜…作家が超人的な生活の中から何を思想の核として剔出するかを鮮烈に示す、昭和三十三年から三十四年にかけての日録「裸体と衣裳」、自らの文学的出発点と修業の日々を語る「私の遍歴時代」を中心に、日常と創作の往還から生み出された思索の結晶体、九篇を収録。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • [30][121110]<m市 『裸体と衣装』はⅠに収録されている『小説家の休暇』と同じく雑誌掲載の日記形式で、ちょうどブログでも読んでいるようなかんじに軽い。ひょいひょいとおもしろそうなネタが振られてくるけど、形式上ひとつのテーマにそれほど多くの紙幅が割かれないのがものたりなくもあり適度なようでもある。読んだ本の書名なども頻繁に挙げられているので、ブックガイドとしてもおもしろい。

全1件中 1 - 1件を表示

著者プロフィール

三島由紀夫

一九二五(大正一四)年東京に生まれる。本名、平岡公威。学習院高等科を経て東京大学法学部を卒業。在学中の四四(昭和一九)年に処女創作集『花ざかりの森』を刊行。戦後四七年大蔵省に入り翌年退官。四九年に刊行した『仮面の告白』で名声を確立し、以後、文筆活動に専念する。『潮騒』にて新潮社文学賞、『白蟻の巣』にて岸田演劇賞、『金閣寺』にて読売文学賞、『絹と明察』にて毎日芸術賞、『サド侯爵夫人』にて芸術祭賞などを受賞した。六八年、「楯の会」を結成し、七〇(昭和四五)年、自衛隊市ヶ谷駐屯地で自決。

「2020年 『三島由紀夫 石原慎太郎 全対話』 で使われていた紹介文から引用しています。」

三島由紀夫の作品

ツイートする
×