月光・暮坂 小島信夫後期作品集 (講談社文芸文庫)

著者 :
  • 講談社
3.60
  • (4)
  • (3)
  • (7)
  • (0)
  • (1)
  • 本棚登録 :51
  • レビュー :6
  • Amazon.co.jp ・本 (392ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784061984554

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • あとがきを読むに、この本は小島信夫の私小説的なものの、残響のような短篇集らしい。私が読んでいる小島作品は、新潮文庫の短編集『アメリカン・スクール』と『私の作家遍歴』のみであって、老境に入った小島先生の周囲を描いたものはない。だからなのか、主人公である小島さんの感情がなかなか動かないからなのか、小説の中に入っていくにはなかなか骨の折れる話が多かった。それだけに「暮坂」は白眉であるように感じた。第1章は『私の作家遍歴』を思わせる、あっちこっちに話の移る芸術についての講演であって、これは小島信夫の、自分の小説の解題のように思われる。だからこそ、第2章から続く小島信夫の〔いつもの〕日常小説が、不思議に読みやすく思えてくる。1番面白いのが小島先生が怒るところで、どうやら小島信夫という作家は、人を怒らせるシーンを描くときに輝くような気がしてならない。「暮坂」4章の、岐阜人の記者に対して怒るシーンは、声を出して笑ってしまった。

  • 2013/2/22購入

  • 話の筋や重心を追うのがすごく難しいのに、重力があって読むのをやめられない。どうすごいのか説明できないけれど、すごい。

  • 小島信夫の後期短編集。
    彼の作品はずっと読みやすいものだと勝手に思っていたけど、この本は結構厳しかった(ただでさえ自分は短編を読んで感じる能力が劣ってるので)。
    過去に書いた作品から新たなエピソードを紡いでいるものがあって、元ネタを知らないと難しい気がした。
    文章も繋がりが一読しただけでは分からない部分が結構あった。
    この本から小島信夫に入るのは危険だと思う。
    前もって他の作品を数冊読んでから、手に取ることをお薦めしたい。
    そうすればある程度は楽しめるかと。
    個人的に良かった作品は「天南星」かな。

  • 読み終えたけど、感想はのちほど

全6件中 1 - 6件を表示

小島信夫の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
J.L. ボルヘ...
保坂 和志
安部 公房
フランツ・カフカ
ガブリエル ガル...
ドストエフスキー
アゴタ クリスト...
青木 淳悟
有効な右矢印 無効な右矢印

月光・暮坂 小島信夫後期作品集 (講談社文芸文庫)はこんな本です

ツイートする