墓碑銘 (講談社文芸文庫)

  • 26人登録
  • 3.80評価
    • (3)
    • (2)
    • (5)
    • (0)
    • (0)
  • 6レビュー
著者 : 小島信夫
  • 講談社 (2007年9月10日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (376ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784061984905

墓碑銘 (講談社文芸文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 小説でなければありえない読書体験。中盤の訳のわからない大陸での訓練生活から怒涛の南方戦線へ、一気に読み終わりました。
    「神田の生まれよ」には腹をよじりました。

  • 自分に中立的な歴史的知識欠けているからか、戦争文学は苦手だ。
    ただこの墓碑銘は戦争を題材にしながらも、自己同一性を問うのが主題となっている。
    「戦争反対」とか「平和」なんていう面倒な主張はない。
    多少日本人の描かれ方が気になるかもしれないが、これはこの世代の作家のデフォルト設定とも言えるのであまり気にしないのがいいと思う。
    日米のハーフとして生まれたトミイ・アンダーソンこと浜仲富夫が日本兵になり、自己の存在を見つめる物語。
    浜仲自身の心境は非常に分かり易く描かれていると思ったのだが、小説としては凡庸。
    映画の話も後々大きな意味を持ってくるかと思いきや、あっさりと使われただけで終わってしまったし、他にも濃厚に描写してもいい場面が多くあったのに、軽く流しているような気がしてならなかった。
    朝丸・沢村・森・・・など印象深いキャラクターも徐々に存在感をなくてしまい、ラストも何だか駆足で終わってしまう。
    また裏テーマとして異父妹との近親愛があるのだが、いまいち上手く物語に絡めていなかった。
    やり方次第では大長編になったであろうが、この作品としては消化不良。
    ただ何でも「寓話」というタイトルで続編があるらしく、それは非常に気になる。
    近親愛の結末など消化不良に終わった部分が読みたいと素直に思える作品ではあった。

  • 主人公のものの考え方が小島先生そのままみたいで、あれーと思いつついつもの通り読み進む

  • 『寓話』を読んでいると、また読みたくなる。『寓話』を読まなくても、きっとまた読みたくなる。何回目で面白さが減るだろうか、なんとなく想像もつかないような、小島信夫のすごさににやりとする。

全6件中 1 - 6件を表示

小島信夫の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
ドストエフスキー
小島 信夫
J.L. ボルヘ...
三島 由紀夫
小島 信夫
フアン・ルルフォ
ドストエフスキー
フランツ・カフカ
有効な右矢印 無効な右矢印

墓碑銘 (講談社文芸文庫)はこんな本です

ツイートする