アナトゥール星伝 (2) 銀の星姫(メシナ) 上 (講談社X文庫―ティーンズハート)

著者 :
  • 講談社
3.32
  • (5)
  • (8)
  • (39)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 116
感想 : 8
  • Amazon.co.jp ・本 (213ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784061985773

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • やっぱりユナの考えは甘いんだよねー。ナディルがいらつく気持ちが今なら分かる。

  • 第二作目。このシリーズで特に好きだった話。上巻の最後でどうしようもない怪我を負った二人と主人公がこの世界に逆に来てしまう様子が面白い。

  • たくましい。かっこいい。

    世界に引き込まれてしまって、いっきに読破。

  • アナトゥール星伝シリーズ2作目。

  • 少女漫画に少女小説、ちょっと、苦手。
    そんな雪間が唯一買ってた少女小説。中学時代に出会って、ただの現代ファンタジーじゃない感じに衝撃。
    戦争とか、国家間・民族間の争いとか、宗教問題とか奴隷制とか、とことんシビアな問題に立ち向かうのは、あくまで「どこにでもいるフツーの女の子」な主人公。
    折原さんの小説は、色々、考えさせられながらも、冒険物語としても楽しめるとこは決して外さないのが、好きです。

  • かなり影響された作品。本の中に入ってしまう、という世界観にかなり憧れました。

全8件中 1 - 8件を表示

著者プロフィール

1985年に少女マンガ家として、87年に小説家としてデビュー。91年刊行の小説『時の輝き』が110万部のベストセラーとなる。講談社ホワイトハートの人気シリーズ『アナトゥール星伝』や同コミック版(ポプラ社)、KCデザートコミックス『天使のいる場所~Dr.ぴよこの研修ノート』『永遠の鼓動』、小説『制服のころ、君に恋した。』『天国の郵便ポスト』『幸福のパズル』(以上、講談社)『乙女の花束』『乙女の初恋』(ポプラ社)といったマンガ、小説の他、エッセイ、絵本、詩集、料理本、CDなどで幅広く活躍。2017年に小説家デビュー30周年を迎えた。


「2021年 『きみと100年分の恋をしよう 大人になりたい』 で使われていた紹介文から引用しています。」

折原みとの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印
ツイートする
×