まてまてさん (講談社の幼児えほん)

  • 講談社
3.54
  • (5)
  • (6)
  • (13)
  • (2)
  • (0)
本棚登録 : 234
感想 : 14
  • Amazon.co.jp ・本 (24ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784061991330

作品紹介・あらすじ

はたさん・おーなりさんの子育て体験から生まれたのが、「赤ちゃんとのあそびえほん」シリーズです。親と赤ちゃんのスキンシップの楽しさと大切さを伝えたいというのが、おふたりの願いです。
一作めの『ぶう ぶう ぶう』は擬音と息をふきかけるくりかえしのおもしろさをテーマに、二作めは、「ぎゅう」というタイトルどおり、おかあさんとの「ぎゅう」や、だいすきなぬいぐるみへの「ぎゅう」、おふとんへの「ぎゅう」などあかちゃんの身近なものとの「ぎゅう」の楽しさを描いています。三作めは、おててをテーマにこちょこちょと赤ちゃんをこちょがして遊ぶ絵本です。三作めの対になる本がこの『まてまてさん』。あんよが主役になって「まてまて~」と赤ちゃんとおいかけます。赤ちゃんがにっこりする絵本です。(0さいから)

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • こどもは最近おでかけするよーというとくつしたをげんかんにもっていきぽいしている。追いかけっこも好きでぴゅーと逃げていく。

  • 1y2m
    追いかけられるのが大好きな息子。読むというより、まてまてさんの絵本を持って逃げていきます。笑

  • 1才5ヶ月。図書館で借りた本。
    読んだあとまてまてさんごっこをして楽しみました。追いかけたり、追いかけられたり、新しい遊びの発見で息子も楽しそう!

  • 1歳4ヶ月

    待て待てと靴下を追いかける絵本。
    とても気に入ってるようで何回も読んでと持ってきていた。
    実際に待て待てと追いかけたりきたとぴたっと身体を合わせたりするのも楽しい。

  • 11ヶ月
    まてまて〜が好きな子どもに読み聞かせ。楽しそうにニコニコしながら聞いていました。

  • ●読み聞かせ。
    ●なんでまてまてさんなんだろう。それはともかく赤ちゃんの絵がかわいい。

  • 1歳1ヶ月の子どもが「読んで」と持ってきます。
    「まてまて〜」というと、うんげうんげと笑ってくれます。

  • 図書室で会った女の子が我が家の娘ちゃん(3歳)に薦めてくれたご本。くつしたさんとの楽しいおいかけっこ、シンプルな言葉と可愛らしい絵で読み聞かせてる親も一緒にわくわくして読むのが嬉しくなります。長くないので寝る前にちょっと読むのにもいいかも。楽しいのでアンコールが多くなりがちなのは要注意ですが(^w^)

  • あまりよくわからない。

  • 2歳7ヶ月には赤ちゃん向け過ぎた。。。でも0〜1歳は好きなはず!

全14件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

絵本作家。作品に「だんだんおかあさんになっていく」(PHP研究所)、「ひらがな暦」「モモ」「幸福な質問」(新潮社)、「365日のスプーン」(大和書房)、「空からふるもの」(白泉社)、「空のうた」(角川書店)、「きれいな色とことば」(大和書房/新潮文庫)などがある。

「2016年 『まてまてさん』 で使われていた紹介文から引用しています。」

おーなり由子の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
エリック=カール
三浦 太郎
ヨシタケ シンス...
にしまき かやこ
なかの ひろたか
有効な右矢印 無効な右矢印
ツイートする
×