ぞうちゃんの いやいや (講談社の幼児えほん)

著者 :
  • 講談社
3.43
  • (9)
  • (13)
  • (21)
  • (2)
  • (4)
本棚登録 : 466
感想 : 23
本ページはアフィリエイトプログラムによる収益を得ています
  • Amazon.co.jp ・本 (24ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784061991347

作品紹介・あらすじ

ぞうちゃんは ぞうの あかちゃんです。
ぞうちゃんは すこし しゃべります。

ぞうちゃんは プリンが きらいです。
「プリン いやいや」

ぞうちゃんは おうどんが だいすきです。
「おうどん もっかい」

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 2歳9ヶ月。何回も「よんで〜」と持ってきます。

    のりもの以外の絵本で、こんなにリピート希望があったのは久しぶりです!
    「いやいや」「もっかい」をするぞうちゃんを見て、ケラケラ笑っていました。
    いや、あなたもしょっちゅういやいやしてるでしょ…笑

    読み終わると「もっかーい」と笑顔で言ってきます。

    文が短くシンプルな絵本なので、イヤイヤが出始める1歳半くらいの子からおすすめです。

  • ぞうさんが可愛く、いやいや言ってます。イヤイヤ期のお子様に是非。
    〇未就学児(未満児~)

  • 嫌なことは「いやいや」。
    好きなことは「もっかい」。
    子どもらしくて親も共感できる。

    【ママ評価】★★★★★
    ベビーカーが嫌だったり、お風呂が嫌だったり。
    わかるわかると親も共感できる絵本。
    「いやいや」を嫌そうに、「もっかい」を嬉しそうに読むと喜んで、母も嬉しい。
    文も短くて言葉も読みやすい。

    【息子評価】★★★★★
    1歳過ぎ頃から読んでいる。
    特に大好きなぞうちゃんシリーズ。
    この絵本で「いやいや」「もっかい」を覚えたと思う。
    なんならこの絵本で、絵本が好きになった気がする。
    最初は嫌なことに対して「やいやい!」と言っていたが、いつからか「いやいや」と言えるようになっていた。
    おうどんを出すと「もっかい」と言うようになった。
    嫌そうに「いやいや」を言うと喜ぶ。
    本当にお気に入りで、何度も何度も読んでいる。
    1歳7ヶ月

  • 2歳0ヶ月

  • つまらない。娘も興味ナシ。

  • 赤ちゃんも嫌いなことが沢山ありますが、好きなことも沢山あります。嫌いなことは「いやいや」好きなことは「もっかい」

  • 2y
    イヤイヤ期にいいかなと思って借りましたが、自分と結びついてなさそうでした笑

  • イヤイヤ期に読みました
    一緒にイヤイヤ言ってました

  • 3歳6か月 お風呂いやいやって言ってる。おんなじ。

  • 2歳1ヶ月
    おうどんや滑り台が大好きなぞうちゃんに親近感が湧いたのかぞうちゃんいやいやは一時期のトレンドに。イヤイヤともっかい!は一緒によんでくれました。

全23件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

三浦太郎
明治大学文学部教授。
著書に『図書・図書館史』(編著、ミネルヴァ書房)、『公立図書館の思想・実践・歴史』(共編著、松籟社)、『図書館の社会的機能と役割』(共著、松籟社)ほか。

「2023年 『社会的媒体としての図書・図書館』 で使われていた紹介文から引用しています。」

三浦太郎の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
なかがわ りえこ
にしまき かやこ
なかの ひろたか
A.トルストイ
有効な右矢印 無効な右矢印
  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×