ともだちたんてい コブタンコ ココちゃんを さがせ! (どうわがいっぱい)

  • 講談社
5.00
  • (1)
  • (0)
  • (0)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 11
  • Amazon.co.jp ・本 (80ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784061996069

作品紹介・あらすじ

「初めてひとりで読むおはなし」をコンセプトに20年以上愛されてきた、「どうわがいっぱい」シリーズの新しい作品です。

ぶたの探偵コブタンコと、探偵犬のコージーは、仲良し二人組。コブタンコの、自信満々だけどちょっとずれた推理と、コージーのするどい観察力で、さまざまな事件を解決します。

事件はとても身近なもので、推理のテーマは「ともだち」。小学1年生から、安心しておすすめできる「はじめての探偵物語」です。

●あらすじ
 ぶたの探偵コブタンコと探偵犬のコージーが、学校の図書館でくつろいでいるところに、うさぎのマロンちゃんが泣きながらやってきました。
 生まれたときから兄弟のようにいつもいっしょにくらしていた、ハムスターのココちゃんが、いなくなってしまったというのです。
 二人は、マロンちゃんの家に行って手がかりをしらべます。コブタンコは、家にやってきたカラスやネコが犯人だと言いますが、どうもちがうみたい。
 「あ! そうだったのか!」ずっと考えていた探偵犬のコージーが、なにかひらめいたようです。その推理とは……?

著者プロフィール

1961年、東京都生まれ。絵本作家。
1991年、講談社絵本新人賞を受賞し絵本作家デビュー。その後、絵本・読み物・紙芝居・作詞・あそびうたなどの創作活動をはじめる。
主な絵本作品に、『いただきバス』『いもほりバス』『たなばたバス』(すずき出版)、『しーらんぺったん』(世界文化社)、『ばけばけはっぱ』(ハッピーオウル社)、『ちょんまげでんしゃののってちょんまげ』(ひさかたチャイルド)、『ねこときどきらいおん』『バナーナ!』(講談社)など。親子向けの絵本・あそびうたライブや、保育者のための研修会などでも活躍中。

「2018年 『おおきくなったら きみはなんになる?』 で使われていた紹介文から引用しています。」

藤本ともひこの作品

ともだちたんてい コブタンコ ココちゃんを さがせ! (どうわがいっぱい)を本棚に登録しているひと

ツイートする