三国志人物事典

著者 :
  • 講談社
3.58
  • (9)
  • (9)
  • (26)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 99
感想 : 10
  • Amazon.co.jp ・本 (966ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784062022026

作品紹介・あらすじ

三国志演義の全登場人物約1500人の、生涯・エピソードを、正史との異同を交えながら生き生きと記述。付録として、故事・成語、出師の表(前・後)を収録。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 今までで一番高い買い物をした本かも。でも充実した内容で暇なときに眺めるだけでわくわくしますね。

    • 猫丸(nyancomaru)さん
      「今までで一番高い買い物をした本かも」
      読んでる時に側にあると便利だろうなぁ、、、ところで、この本が上下2巻の文庫になってるの知ってました?
      「今までで一番高い買い物をした本かも」
      読んでる時に側にあると便利だろうなぁ、、、ところで、この本が上下2巻の文庫になってるの知ってました?
      2012/06/21
  • 名前の通り、人物名で索引できる事典です。
    時系列ではなく、人物主体となっているため
    ”誰が、何を、どうした”というのがとても分かりやすいです。
    人によっては数ページに渡る場合もあり、
    それだけしっかり三国志内で描かれているんだと実感します。
    また、三国志内でどのあたりに描かれているのかも記載があるので
    とても便利です。

  • 2世紀末から約100年間に渡る中国の英雄・豪傑たちの活躍を描いた、羅貫中による歴史物語「三国志演義」。
    本書はその名の通り、この物語に登場する約1.500名の人物を解説したものです。各人物は50音順で掲載されており、その人物がどの回(章)に登場したか全て記載されているうえ、各回でのエピソードや名セリフなどが実に詳しく解説されています。
    また、劇中で活躍した人物のみならず、秦の始皇帝や項羽と劉邦などセリフの中などで引用された、過去の有名人の事績も紹介されています。
    その他にも主要家系図や、「泣いて馬謖を斬る」などの三国志にまつわる故事・成語、さらに、後世「出師の表を読んで泣かない者は忠臣ではない」とまで言われた、諸葛亮による名文「出師の表」と「後出師の表」の原文・書き下し文・口語訳文が掲載されています。
    「演義」を1度でも読んだ事がある三国志ファンの方なら、必ず手元に置いておきたい「お得感」がイッパイの事典といえるでしょう。

  • 演義に登場する回付きでの人物伝なので、演義の索引として見るにはかなり便利
    一応正史ではどうか?も注釈しているが、はっきり言って中途半端
    いっそ演義オンリーでの本にしてしまえば良かったのにと思う
    文句はあるが演義を調べたい時にはまずこの本をとる

  • 基本的には演義に準拠した人物事典。その登場した回が逐一書いてあるので便利です。それにしても膨大。

  • 学校の図書館にあって穴が開くほど見つめ続けた(貸し出し不可なんだもん)そしてついに買ってしまいましたヤッホーイ!演義ベースなんがちょっと、な

  • 三国志演義をもとにした人物事典。第何話にでてきてどういう活躍をしたか、が各人物ごとにまとめられていて、情報量は膨大。これまた武将について調べるときに便利。

  • 暇を見つけて、すこしづつ読んでいます。勉強になります。

  • 正史買うまでのつなぎとして充分お役立ち本。正史と演義ネタ分けてくれてるので。官位も乗ってて便利。

全10件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

1953年東京生まれ。國學院大學大学院文学研究科博士後期課程単位修得。二松学舎大学講師、朝日カルチャーセンター、早稲田大学エクステンションセンター講師などをつとめた。著書に『素書』(明徳出版社)、『三国志人物事典』(講談社)、『1分間でわかる「菜根譚」』(三笠書房)、『三国志40人の名脇役』(二玄社)、『中国古代史 司馬遷「史記」の世界』(KADOKAWA)、監修に『知れば知るほど面白い「その後」の三国志』(実業之日本社)などがある。

「2020年 『諸子百家』 で使われていた紹介文から引用しています。」

渡辺精一の作品

  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×