わが恋(おも)う人は

著者 :
  • 講談社
3.00
  • (0)
  • (0)
  • (8)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 17
感想 : 4
  • Amazon.co.jp ・本 (402ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784062031615

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • [第1刷]昭和62年2月20日

  • 小西の子孫が織りなすホラーサスペンス。怖いといえば怖いけど、どちらかというと切ないというか、哀情の詰まった作品のように思う。個人的には加藤が良い味出してるなぁと。

  • 偶然知り合った妻子ある小西。小西に惹かれ編集者美子はある人形、女雛を探し始めた。その女雛は300年前にどうしても別れなくてはならなかった大名と妻が、それぞれの想いを込めて男雛と女雛を渡し合ったものだった。しかし、その女雛を持った人々には病気や事故、死が訪れていた。

    ちょっと恐かったかな。どうしても日本人形には怨念とまではいかないにしても何かの想いがこもっている気がして。予知能力とか催眠術とか前世とか生まれ変わりとか色々でてきたけど、著者自身生まれ変わりのことを他の作品でもよく書いていたということは、こういうことを信じていたということなのかな。美子がドライでハキハキしていて“現代的”な女性としきりに強調していた。

  • 小西マリア(の怨念)と小西の子孫が織り成すミステリー作品。
    (ジャンル的には小西夢小説、になるのかも?)
    凄い怖い、というわけでもないです。ちょっと哀しくなる。何が哀しいかって、小西はここでも板ばさみ地獄…
    どこにも逃げ場のない小西と、それを見守る加藤がいます。

全4件中 1 - 4件を表示

著者プロフィール

1923年東京生まれ。慶應義塾大学仏文科卒業。1955年『白い人』で第33回芥川賞受賞。1958年『海と毒薬』で新潮社文学賞・毎日出版文化賞受賞。1966年『沈黙』で谷崎潤一郎賞、1980年『侍』で野間文芸賞、1994年『深い河』で毎日芸術賞を受賞。1995年文化勲章を受賞。1996年、73歳で永眠。

「2023年 『自分を どう愛するか』 で使われていた紹介文から引用しています。」

遠藤周作の作品

  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×