ノルウェイの森(下)

著者 :
  • 講談社
3.61
  • (392)
  • (375)
  • (785)
  • (87)
  • (28)
本棚登録 : 3560
レビュー : 337
  • Amazon.co.jp ・本 (260ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784062035163

作品紹介・あらすじ

彼らの求めたものの多くは既に失われてしまっていた。もうそこから進むこともできず、戻ることもできない、暗い森の奥に、永遠に…。限りのない喪失と再生を描く今いちばん激しい100パーセントの恋愛小説。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • すみません、食わず嫌いでした。他のもたくさん読んでみます。偶然、映画のロケ地の神崎郡にも仕事で行ってきたしね。

  • 不思議な話のような、ものすごく現実的な話のような
    全く知らないことのような、よく知っていることのような
    哀しいような、羨ましいような

    そんな不思議な印象の本でした。
    他人の死が常に誰かの側に寄り添い、捻じ曲げたり、立ち止まらせたり、後を押したり。

    少し時間をおいて、もう一度読みたいなと思う。

  • 主に下巻の感想。
    直子、かなり頑なだったけど少しずつ柔らかくなってきた気がする。
    緑の柔軟なこと。家のことがいろいろ大変みたいだけどそんなこと感じさせないくらい。

    男たちみんながとても自由だ。永沢さんが全く最高に自由で、ハツミさんをとても悩ませている。

    「あれからもう二年半たったんだ。そしてあいつはまだ十七歳のままなんだ、と。でもそれは僕の中で彼の記憶が薄れたということを意味しているのではありません。彼の死がもたらしたものはまだ鮮明に僕の中に残っているし、その中にあるものはその当時よりかえって鮮明になっているくらいです。」

    「お前とちがって俺は生きると決めたし、それも俺なりにきちんと生きると決めたんだ。お前だってきっと辛かっただろうけど、俺だって辛いんだ。本当だよ。(中略)そして俺は今よりももっと強くなる。そして成熟する。大人になるんだよ。そうしなくてはならないからだ。」

    直子は緑のことを、緑とのことを本当はわかっていたんじゃないか。

    「僕にはその事実がまだどうしても呑みこめなかった。僕にはそんなことはとても信じられなかった。」

    「死は生の対極にあるのではなく、我々の生のうちに潜んでいるのだ」

    渡辺くんは全体で見れば勝手だけど、いろんなことを真面目に深く考えて悩んできちんと行動するところに好感が持てる。ひとつひとつは納得できるから嫌いになれないんだ。

    直子と緑は両極端で、最後には何事も考えすぎない緑のことが好きになっていた。そこは柔軟性というか、強い心の持ち主というか。彼にとっても、そういうことなのかな。

  • なんか読むタイミングオワタ\(^o^)/って感じですねー笑
    もう何に惹かれているのかすらわからないのに、惹かれる作品でした。

  • 発売当時 Kよりレンタル)
    波乱に満ちた内容に「ありえん」としか思えず、
    怒りにまかせ一気読み。


    2011.3.19 Kよりレンタル)
    2011.4.16 再読終了

    • komawarikunさん
      >時を経て 再読したら 面白かった

      ふむふむ。
      いちど読んでみたいとおもいます
      >時を経て 再読したら 面白かった

      ふむふむ。
      いちど読んでみたいとおもいます
      2011/11/18
    • うろんさん
      「スースーと風が吹いているなァ」な気分になりました、読んでいる間。 実際、室内だからそんなんじゃないのに。
      「スースーと風が吹いているなァ」な気分になりました、読んでいる間。 実際、室内だからそんなんじゃないのに。
      2011/11/20
  • あらゆる物事を深刻に考えすぎないようにすること、あらゆる物事と自分の間にしかるべき距離を置くこと―。あたらしい僕の大学生活はこうして始まった。

  • 蛻昴a縺ヲ縺ョ譚台ク頑丼讓ケ縲
    騾乗?諢溘?縺ゅk迚ゥ隱槭?

  • <図書館の所在、貸出状況はこちらから確認できます>
    https://libipu.iwate-pu.ac.jp/mylimedio/search/book.do?target=local&bibid=15840

  • 上下巻通しての感想。


    村上作品の根底には常に「孤独」がある。

    この作品についても同じように孤独が常に横たわっている。そんな感想です。



    ワタナベも、直子も、緑も、レイコも、永沢さんも、ハツミさんも

    孤独を抱えながら、生き抜いたり、生き抜けなかったり。



    人は常に孤独と戦いながら、生きていかなければいけない。

    ワタナベと緑には生き抜いていってほしい。





    さて、相変わらずですが、この作品にも完璧無比な人間が主人公の近くにいます。

    そんな完璧無比な永沢さんの珠玉の言葉です。



    「俺の言う努力と言うのはそういのじゃない。努力というのはもっと主体的に目的的になされるもののことだ」

    「自分に同情するのは下劣な人間にやることだ」



    かっこよすぎです。

  • 現実世界での話だがなんとなく幻想的な部分があって全体的にグレーがかった印象。ただ話は読みやすく村上春樹の中では一番面白いと思った。エロ描写がそれなりにあるのだがまったくエロく感じないところが他の村上春樹の本と通じるところがある。読み終えて、物語の始まりにはつながらないのが多少もやっとする。

全337件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

村上春樹(むらかみ はるき)
1949年、京都府京都市伏見区生まれ、兵庫県西宮市芦屋市育ち。早稲田大学第一文学部映画演劇科卒。大学在学中にジャズ喫茶「ピーター・キャット」を国分寺・千駄ヶ谷に開店していた(1981年、店を人に譲渡)。1979年にデビュー作の「風の歌を聴け」で群像新人文学賞を受賞。谷崎潤一郎賞、読売文学賞、朝日賞など数々の受賞歴がある。2006年にフランツ・カフカ賞、2009年にイスラエルのエルサレム賞受賞。ノーベル文学賞に最も近い作家の一人と言われており、毎年発表時期に日本国内でニュースになる。事実、村上春樹作品は全世界で翻訳されており、アメリカ・アジアでの評価がとりわけ高い。フィッツジェラルドやレイモンド・カーヴァーなどの作品の翻訳も手がけ、翻訳家としての仕事も高い評価を受ける。翻訳と創作活動を交互に行うことで、作風を変化させ、作家としての成長を続けている。新作が発表されるたび大きな話題となるが、近年は特別番組「村上RADIO」にてラジオDJも務め(不定期放映)、数々の名言も注目を集める。代表作に『風の歌を聴け』『羊をめぐる冒険』『世界の終りとハードボイルド・ワンダーランド』『ノルウェイの森』『ねじまき鳥クロニクル』『海辺のカフカ』『1Q84』『騎士団長殺し』。2019年7月31日に『神の子どもたちはみな踊る』が舞台化。2019年8月7日発売の『文学界』でロングインタビュー「暗闇の中のランタンのように」掲載。アメリカのサックス奏者スタン・ゲッツの伝記翻訳を2019年8月末に刊行予定。

ノルウェイの森(下)のその他の作品

ノルウェイの森 (下) (講談社文庫) ペーパーバック ノルウェイの森 (下) (講談社文庫) 村上春樹
ノルウェイの森 下 (講談社文庫) ペーパーバック ノルウェイの森 下 (講談社文庫) 村上春樹

村上春樹の作品

ノルウェイの森(下)を本棚に登録しているひと

ツイートする