由煕(ユヒ)

著者 :
  • 講談社
3.63
  • (3)
  • (0)
  • (4)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 42
感想 : 6
  • Amazon.co.jp ・本 (305ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784062043038

作品紹介・あらすじ

留学生活に傷つき、母国を去らねばなぬ在日韓国人女性の悲劇。第100回芥川賞受賞。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 在日韓国人がソウル大学(S大学)に留学するが結局退学して帰国してしまう話である。韓国語を流ちょうに話さない、という状況を背景に持ってきている。
     パッチギと同様に、在日韓国人の韓国での位置について、また新しい問題点を提起している。

  • 「由煕」
    特権と言うのか知らんけど
    韓国の最高学府(ソウル大学?)に簡単な審査だけで入学した女がいた
    彼女は、母国の文化に触れることで
    在日としてのアイデンティティー不安に立ち向かおうとしたのだ
    しかしなんというか、それ以前の問題で
    エネルギッシュなソウル市民の猥雑さに耐え切れず
    ギブアップしてしまう
    そんな話です
    インターネットもない時代じゃ仕方のないこととはいえ
    リサーチ不足であろう
    理想を裏切られた主人公は、韓国語にも拒絶反応を示すようになる
    最後に暮らした郊外の下宿では
    まるでホームステイのように暖かく迎えられたが
    それで何かの埋め合わせができたわけでもない
    裏に「過保護」へのいらだちも感じられる

    「来意」
    あるがままの自分でモテモテだった元・画家が
    ひとりの女と出会ったことで表現欲を再燃させ
    凡庸な現実とのギャップに悩むのだけど
    「あるがままの私でいいのだ」という気づきを得た結果
    日常に復帰していく
    うーん…まあいいか

    「青色の風」
    両親の不仲に悩まされる少女
    隣に住む少年の前ではお姉さんぶっている
    しかし本当は死にたい気持ちを抑えているのだ
    やがて、鏡の向こうに本当の自分の居場所があるのだと
    妄想しはじめる

  • 表題作のみ

  • こないだ読んだ安田さんの「ヘイトスピーチ」の中に「李栄は、芥川賞作家・李良枝の妹である。「由煕」「ナビ・タリョン」などの作品で知られる李良枝は、1992年に37歳で夭折した。」という一節があり、これでわたしは初めてこの人を知った。なんとなく気になったので芥川賞を取った作品であるという「由煕」を図書館で借りて読んでみた。

    話の一番最後の方に、朝起きて「ア」と発音したときに、それは「あ」なのか「아」なのかで、言葉の杖を掴めるかどうか試されている気がする、という部分があるのだけど、そこの部分がなんか、衝撃的だった。

    韓国が「外国」と感じているわたし、いや、外国というか少なくとも「繋がり」は感じていないというか、いや、自分の祖先は渡来人ではないという確証も何もないので、もしかしたら繋がっている可能性はあるものの、取り敢えず感覚的には他の外国と同じ感覚とでもいいのか、韓国はわたしにとってはそのような国に過ぎない。だから、わたしにとっては朝鮮語は外国語で、だから「아」だってわたしにとっては永遠に外国語であるのだ。だけど、在日二世である主人公はそうではない。「あ」も「아」も自分と関係のある言葉。だけど主人公の中には「あ」と「아」の間にどうしても温度差がでてきてしまう。結局主人公は「아」を捨て「あ」に戻っていく、という話だったが、とても複雑な気分がする話だった。

    他の2編はもっとわけが分からない話だった。この人、わたしにとって一定の「わけわからなさ」を持ってる人です。思考回路が全く分からない。だけど、それはなんとなく「あー、もう無理無理。わけ分かんないから次!」っていうより「なんでこの人はこういう話を書こうと思ったんだろうか」という風に気になる人。なので、次はこの人の「全集」(と言っても作家活動はたったの10年だそうだから、ほんの1巻のみだけど)を読むつもり。

  • この体験は万人に共通することではないような、ちょっと共感できなかった。

  • 第100回 芥川賞 初版

全6件中 1 - 6件を表示

著者プロフィール

作家。1955年3月15日、山梨県南都留郡西桂町に生まれる。父親は40年に済州島から日本へ渡ってきた。64年、9歳の時に帰化し、田中淑枝が本名となる。高校生の時に日本舞踊と琴を習う。75年、早稲田大学社会科学部に入学、この頃から韓国語を学習し、伽倻琴と韓国舞踊を習い始める。早稲田大学を中退した後、荒川区のサンダル工場で働く。80年、初めてソウルに行き、巫俗舞踊を見て衝撃を受け、習い始める。81年、ソウル大学国語国文科入学。ソウルで知り合った中上健次に小説を書くことを勧められ、82年、「ナビ・タリョン」を『群像』に発表、芥川賞候補に。84年、「刻」を『群像』に発表、芥川賞候補。88年、ソウル大学を卒業。89年、「由熙」で芥川賞受賞。同年3月、梨花女子大学舞踊学科大学院修士課程入学。91年、大学に通いながら「石の聲」の執筆を始める。92年、日本へ戻り「石の聲」の執筆に専念する。5月22日、急性心筋炎のため死去。享年37。2000年、山梨県立文学館の常設展示室に李良枝コーナーが設置される。著書『由熙/ナビ・タリョン』(講談社文芸文庫)、『ことばの杖 李良枝エッセイ集』(新泉社)など。

「2022年 『李良枝セレクション』 で使われていた紹介文から引用しています。」

李良枝の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×