日本の川を旅する―カヌー単独行

著者 :
  • 講談社
4.09
  • (4)
  • (4)
  • (3)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 26
感想 : 2
  • Amazon.co.jp ・本 (349ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784062043625

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 新潮文庫、モンベルブックスバージョン、そして本書。結局我が家には三種類の「日本の川を旅する」が有ります。面白い本というのは、何度読んでも面白い。
    先日お亡くなりになられ、日本のカヌーの一つの時代の区切りになったという感じがします。
    日本が浮かれていた時代に、環境保護を最も現場感覚で行っていた人だし、ある意味本書を読むとその時代の川がいかに汚されていたかが分かります。僕の子供のころも田舎の川や下水溝は臭かった。
    ずっと残って欲しい名作です。

  • 十数年前、この本を先輩から借りた時は、まさか自分がカヌー(正確にはファルト製のリバーカヤック)をやるとは夢にも思いませんでした。妻が「転覆隊」なる不良中年オヤジ集団に熱を上げているの見て、湖キャンプするのだからついでかなと初めました。カヌーを始めた頃は川を見るたび、エントリー出来るかなーと思いながら川を見ていました。野田さんのように、川を旅してみたいのですが、ピックアップの問題がありいまだに湖でチャプチャプしています。考えてみれば、野田さんは自分が川で河童をしていた頃からフネに乗っていたのですね。川の描写が懐かしいです。四万十川にも誘われたのですが、時間と予算の関係で断念しました。東大名誉教授の月尾嘉男さんみたいに、海に出てみようかな?川は永遠の憧れです。

全2件中 1 - 2件を表示

著者プロフィール

熊本県生まれ。早稲田大学文学部英文学科卒業。在学中、ボート部で活躍。卒業後ヨーロッパを放浪。帰国後、高校の英語教師、旅行雑誌の記者を経て、エッセイストに。傍ら、カヌーによる川旅に打ち込む。これまでに日本の一、二級河川約200を漕破。さらに北米、ニュージーランド、ヨーロッパにまで活動範囲を広げている。長良川河口堰問題や川辺川ダム建設反対運動、吉野川可動堰問題などにかかわり、講演などを行う。

「2008年 『イギリスを泳ぎまくる』 で使われていた紹介文から引用しています。」

野田知佑の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
高野 和明
宮部みゆき
有効な右矢印 無効な右矢印
  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×