ストリート・チルドレン

著者 :
  • 講談社
3.50
  • (2)
  • (0)
  • (3)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 15
感想 : 2
  • Amazon.co.jp ・本 (272ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784062045629

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 1990.4 「早稲田文学」に連載した「三百年後の一夜」を加筆・改題

  • 江戸時代の内藤新宿(現在の新宿)という街ができた頃に物語が始まる。田舎から逃げてきた一人の男がたどり着いた新宿でなんとか仕事を得、女を愛し、子を作り、死んでいく。そして、その子が大人になって子を作り死んでいく。という100年間の物語。その間にたくさんの生死の物語が繰り返され、ついに現代へ−−−
    単なる歴史小説ではない、作者・盛田隆二ならでは“人の熱が感じられる”小説。

全2件中 1 - 2件を表示

著者プロフィール

一九五四年、東京生まれ。九〇年『ストリート・チルドレン』で野間文芸新人賞候補、九二年『サウダージ』で三島由紀夫賞候補。『ぴあ』の編集者を経て、九六年より作家専業。二〇〇四年に刊行された『夜の果てまで』は三十万部超のべストセラーとなる。著書に『残りの人生で、今日がいちばん若い日』(祥伝社文庫刊)、『いつの日も泉は湧いている』『蜜と唾』など多数。

「2020年 『焼け跡のハイヒール』 で使われていた紹介文から引用しています。」

盛田隆二の作品

  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×