夢使い―レンタルチャイルドの新二都物語

著者 :
  • 講談社
3.44
  • (3)
  • (3)
  • (11)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 37
感想 : 3
  • Amazon.co.jp ・本 (437ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784062045643

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 以前に読んだ時はあまりそういう印象ってなかったんだけど、
    島田雅彦さんは意外と経済の事とか絡めて書いてる人だったのね。
    ラストがいまいち。

  • なかなか長くて読むのが大変だったけど、登場人物が個性的で何かを象徴しているような感じ。一番最後が良かった。

  • マチューのフットワークの軽さに憧れてます。

全3件中 1 - 3件を表示

著者プロフィール

1961年生まれ。83年、「優しいサヨクのための嬉遊曲」でデビュー。著書に『彼岸先生』(泉鏡花文学賞)、『虚人の星』(毎日出版文化賞)、『君が異端だった頃』(読売文学賞)『スーパーエンジェル』など。

「2022年 『にごりえ 現代語訳・樋口一葉』 で使われていた紹介文から引用しています。」

島田雅彦の作品

  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×