孤高の外相 重光葵

著者 :
  • 講談社
3.00
  • (1)
  • (0)
  • (1)
  • (0)
  • (1)
本棚登録 : 11
感想 : 2
  • Amazon.co.jp ・本 (434ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784062046114

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 2019年2月23日読了。

    終戦時、横浜沖の戦艦ミズーリ上で日本全権代表として降伏文書に調印した、当時の外務大臣。
    その後、戦犯として、東京軍事裁判で禁錮刑で服役し、出所後に再度外務大臣となり、国際連合加盟を果たす。

    戦前、外交官として赴任していた上海でテロにあい片脚を切断する。
    その後隻客の外交官として活躍、皇后陛下から義足を下賜され、調印の際も義足で臨んだ。

    戦前から戦中の活躍、陸軍の根拠のない精神論でドロ沼の戦争に巻き込まれて行くこと、戦後の政局や国際連合加盟前のソビエトとの国交再開の交渉が興味深い。

    良書

全2件中 1 - 2件を表示

豊田穣の作品

  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×