新訳 三国志 天の巻

  • 講談社
3.83
  • (2)
  • (1)
  • (3)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 12
感想 : 2
  • Amazon.co.jp ・本 (662ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784062048002

作品紹介・あらすじ

画期的新訳で読む英雄たちのドラマ。時は後漢末、黄巾賊蜂起の混乱のなか、英雄・豪傑が野望を胸に起ち上がる。桃園で義を結んだ3兄弟に苦難の道はつづく。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 完璧に演義。
    正史との違い、事実との違いなどの情報が付け加えられているので、その辺りが気になる人には嬉しい一冊だと思う。
    問題は分厚くて読みにくい事とお値段が結構するということか。

  • 天・地・人の3作の1作目。
    三顧の礼中間辺りまで。
    基本的な演義作品。特にこれといったものは無い。値段が高いのと、重い、ぐらいか。

全2件中 1 - 2件を表示

著者プロフィール

生没年不詳。中国の元末・明初の作家。『三国志演義』、『三遂平妖伝』、『残唐五代史演義』、『隋唐両朝志話』などの通俗白話小説の編者とされる。

「2019年 『三国志演義 4』 で使われていた紹介文から引用しています。」

羅貫中の作品

  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×