旅の絵日記

  • 講談社
4.00
  • (4)
  • (1)
  • (4)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 21
感想 : 5
  • Amazon.co.jp ・本 (159ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784062048866

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • データは昔のものだけれども
    非常に絵もよかったし、
    ヨーロッパへの興味も増しました。
    しかし20日間の旅行って
    すごいものですね…

    時折子供たちの
    絵が出てきます。
    私よりもうまく書けていますし…
    参りました。

    ちなみにやはりパスタとかは
    出てきますね。
    ピザは見かけなかったなぁ。
    気のせいではないような…

    闘牛のそれは見てみたいものです。

  • 1989年の夏、フランス、スペイン、イタリアなどを巡った家族旅行について、料理愛好家の平野レミさんがユニークな文章で、夫でイラストレーターの和田誠さんが味のある絵とコラムを描いた、合作の絵日記です(時々2人の息子さんの文章も出てきます。)カラーのイラストがとても綺麗で、自分も楽しく旅をした気分をになれる旅行記です。

  • 羨ましい限りの大人の旅。平野レミさんと和田誠さん夫妻が二人の子供と共にパリからマドリッド、バルセロナ、モナコ、サンレモ、フィレンツェ、そしてローマまでの二十五日間の旅。

    お洒落なホテルに泊まり、市中のこしゃれなレストランで食事し、素敵な陶器などを見つければ躊躇なしに買う。

    こんな気の赴くままの旅、私もしたかったもんです。家族で一緒に行った旅はもう何年前か、確か十年ほど前に甥っ子の結婚式で東京へ行ったのが最後です。
    この年になってからの旅、だから価値がありそうです。是非、体力整えて今年の秋にはどこかへ行きたいもんですな。

    食べたものの記録が主な絵日記ですが、それだけで、その日、その時の情景が浮かんできます。食べたものの記録、大事でおますな。

  • 懐かしい。
    家族旅行の良さが詰め込まれていた。

  • 豪華。欧州旅行の記録。和田誠さんの挿絵もすてき。
    息子さんたちの作文や絵も挟まれている。
    長旅もいいなあと思いました。

全5件中 1 - 5件を表示

著者プロフィール

料理愛好家
東京都生まれ。主婦として家庭料理を作り続けた経験を生かし、「料理愛好家」として活躍。"シェフ料理"ではなく、"シュフ料理"をモットーに、テレビ、雑誌などを通じて数々のアイデア料理を発信。『新版 平野レミの作って幸せ・食べて幸せ』『野菜の恩返し』『家族の味』『おいしい子育て』など、著書は50冊以上。近著に『平野レミのオールスターレシピ』。父はフランス文学者の平野威馬雄。夫はイラストレーター、エッセイスト、映画監督の和田誠。

「2022年 『読書の森へ 本の道しるべ』 で使われていた紹介文から引用しています。」

平野レミの作品

  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×