呉書 三国志〈3 帝の巻〉孫権伝 (歴史英雄シリーズ)

著者 :
  • 講談社
4.50
  • (3)
  • (0)
  • (1)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 12
感想 : 3
  • Amazon.co.jp ・本 (167ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784062049535

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • モンキーパンチのかく諸葛亮がちょっと面白い。

  • 3巻は孫権を中心に、赤壁の戦いに出陣を決意するまでが書かれています。(戦とその後様子は『赤壁の戦いと、その後の呉』として簡単な紹介のみ)
    孫策は巻の半分くらいまで生きています(笑)于吉の存在をどう扱うか楽しみにしていましたが、まじないはインチキ!と切り捨てて、孫策の死と呪いをきっぱり分けていたのが良かったです。

  • 復刊を望む。

全3件中 1 - 3件を表示

著者プロフィール

1952年、東京都生まれ。中央大学大学院文学研究科修了。1986年、『ルドルフとイッパイアッテナ』で講談社児童文学新人賞受賞、同作でデビュー。1988年、『ルドルフともだちひとりだち』で野間児童文芸新人賞受賞。1991年、路傍の石幼少年文学賞受賞。2013年、『ルドルフとスノーホワイト』で野間児童文芸賞受賞。「どうわがいっぱい」シリーズの作品に、「もぐら」シリーズ、「ペンギン」シリーズなどがある。

「2023年 『おばけずかんの ドッキリ! おばけさがし!』 で使われていた紹介文から引用しています。」

斉藤洋の作品

  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×