プレーンソング

著者 :
  • 講談社
3.22
  • (2)
  • (2)
  • (2)
  • (2)
  • (1)
本棚登録 : 21
感想 : 4
  • Amazon.co.jp ・本 (221ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784062050357

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • この作品は保坂氏のデビュー作。氏はこのデビュー作において、これからどのようなことを書いていくかを登場人物のゴンタに語らせているように想いました。それは、「映画とか小説とかでわかりやすくっていうか、だからドラマチックにしちゃってるような話と、全然違う話の中で生きてるっていうか、生きてるっていうのも大げさだから、『いる』っていうのがわかってくれればいいって」という部分です。市井の人々がごく平凡に暮らしているなかに、人の尊さや美しさや愛おしさを描こうと決心したように私は感じます。だから、私は氏の作品が好きです。

  • 5月25日読了。保坂和志のデビュー作、西武線沿いの田舎に住む30近い会社員の「ぼく」の2LDKのマンションにやってくる猫や友人たちと、競馬友だちたちとの日常。本当に何も起きないのだが、何というか、小説を常に「ストーリー」や「伏線」「整合性」、「トラウマ的な出来事」の発生を予測しつつ期待しつつ読んでしまっている自分の固くなってしまった頭にとっていいリハビリになるような、そんな気がする・・・。「友人が泳ぎに行った」というシーンを読むだけで、「溺れるんじゃないか?二度と戻ってこないんじゃないか?」なんて思ってしまう当方が異常なのか。例えば居酒屋での話など、決められたストーリーもなければどんでん返しもないけれど、話しているその空気・思考の動きやとりとめもなく何も共有していないけれど「ただ、そこにいる」友だちの存在が一番面白いものなんだよねえ。

  • ザ・純文学。文学界には、村上春樹も必要。保坂和志も必要。

全4件中 1 - 4件を表示

著者プロフィール

1956年、山梨県に生まれる。小説家。早稲田大学政経学部卒業。1990年『プレーンソング』でデビュー。1993年『草の上の朝食』で野間文芸新人賞、1995年『この人の閾(いき)』で芥川賞、1997年『季節の記憶』で平林たい子文学賞、谷崎潤一郎賞、2018年『ハレルヤ』所収の「こことよそ」で川端康成文学賞を受賞。主な著書に、『生きる歓び』『カンバセイション・ピース』『書きあぐねている人のための小説入門』『小説の自由』『小説の誕生』ほか。

「2022年 『DEATHか裸(ら)』 で使われていた紹介文から引用しています。」

保坂和志の作品

  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×