読書の時間

著者 :
  • 講談社
3.00
  • (0)
  • (1)
  • (2)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 11
感想 : 1
  • Amazon.co.jp ・本 (214ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784062053624

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 松本侑子さんがTV朝日、ニュースステイションのリポーターをされていたことは知りませんでした。「読書の時間」、1991.5発行、読書に関するエッセイです。書評あるいは感想と言ってもいいかと思います。著者との共読本は6冊でした。上野千鶴子「スカートの下の劇場」、尾瀬あきら「夏子の酒」、中川八洋「ゴルバチョフの嘘」、小川和久「図説 海の自衛隊」、小倉千加子「松田聖子論」、ボードレール「悪の華」。

全1件中 1 - 1件を表示

著者プロフィール

島根県出雲市生まれ、筑波大学卒。『巨食症の明けない夜明け』(集英社)ですばる文学賞、評伝小説『恋の蛍 山崎富栄と太宰治』(光文社文庫)で新田次郎文学賞。著作はイタリア、中国、韓国で翻訳出版される。『赤毛のアン』シリーズ(文春文庫)の日本初の全文訳を手がけ、作中の英米詩、シェイクスピア劇、聖書など数百項目を訳註で解説。金子みすゞの弟で脚本家の上山雅輔の日記と回想録を読解して小説『みすゞと雅輔』(新潮文庫)を発表。著書に幕末小説『島燃ゆ 隠岐騒動』(光文社文庫)、『英語で楽しむ赤毛のアン』(ジャパンタイムズ)など。趣味は編み物、洋裁、「すてきにハンドメイド」鑑賞。

「2021年 『金子みすゞ詩集 2022年1月』 で使われていた紹介文から引用しています。」

松本侑子の作品

  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×