リズム

著者 :
  • 講談社
3.49
  • (130)
  • (171)
  • (471)
  • (30)
  • (4)
本棚登録 : 1466
感想 : 180
  • Amazon.co.jp ・本 (190ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784062053808

作品紹介・あらすじ

ガソリンスタンドで働きながらロックバンドで歌をうたう、いとこの真ちゃん。そんなハデな真ちゃんに、まゆをひそめる人もいるけれど…。小さいころから大すきだった真ちゃんの家族が、ばらばらになってしまうかもしれないと知った、さゆきは…。第31回講談社児童文学新人賞。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • すらっと読め終えることが出来ます、ほんわかした物語です。森さんが20歳の時に書かれた作品とのことですが、彼らのその後の物語も読んでみようと思います!

  • 水色の色合いがとてもきれいな表紙、
    音符やト音記号、ヘ音記号の仮装をしているかのような
    1章から8章までのかわいらしい数字など
    物語にぴったりの装丁が、
    はじめて本を出した時の森絵都さんの喜びを感じさせて素敵。

    なんと、森さんが20歳の頃の作品とのことですが、
    思春期特有の揺れ動く少女の心をみずみずしく描く筆致には
    既に現在の「森絵都の世界」に通ずるものがあって、驚かされます。

    いとこの真ちゃん一家を「第二のわが家」と呼んでこよなく愛し、
    高校に行かずに髪を金色に染め、ロックバンドで歌う真ちゃんを
    周りの見る目が変わっても、変わらず慕い続けるさゆき。

    今の幸せを抱きしめることに精一杯で
    「風みたいに、空みたいに、月みたいに、
    変わらずにいてくれるものが好き」だったさゆきが
    第二のわが家、真ちゃんの両親の離婚や
    都会に出て歌を歌い続けるという真ちゃんの旅立ちを受け入れて
    自分のリズムを大切にすることを忘れなければ
    変わっていくこともこわくない、と言い切るまでになる、
    その成長ぶりに心洗われます。

    続編『ゴールド・フィッシュ』では、約1年後のさゆきに出会えるそうなので
    どんな成長を見せてくれるのか、楽しみです♪

  • 近くの図書館で借りられる森絵都さんの作品はコレで全部です。どっかでDIVEを借りたい。

    この前に宇宙のみなしご、と言う作品を読んだので舞台設定が似ていて少し被るなあ…と思いつつ読みました。

    正直ちょっと自分には合わなかったです。子供の頃からずっと大多数の方に属していたタイプの主人公なんだなあ…と思います。少数派ではない。
    続編は…自分はいいかな、うん。

  • 森絵都さんのデビュー作。読んでいなかったので手にとってみました。
    さわやかな読後感、中学生の心情の表現、まさに森絵都さんの作品でした。

    中学1年の息子は森さんの本「ダイブ!」を読んで
    「この森さん、すごい!なんでこんなに中学生の気持ちがわかるの?
    言葉もすごくいい!表現もわかりやすい!」
    と大絶賛。彼の好きな作家となったようです。

    この本はそんな森さんの原点となるような本でした。
    この本には「カラフル」のようなファンタジーの要素や「ダイブ」のようなスポ根もないけれど、子どもから大人への成長をとげる中学生の過ぎ去っていく日々をつなぎとめ、安らぎと安心感を与える彼女の力が遺憾なく発揮されている作品だと思います。

  • 周りのことが気になって
    自分がメチャクチャになりそうなとき、
    心の中でリズムをとるんだ。
    まわりの音なんて関係ない
    自分だけのリズムを

    • みい子さん
      素敵な言葉( ´`)
      素敵な言葉( ´`)
      2021/09/27
    • もももさん
      ね!メモしたくなったの!
      ね!メモしたくなったの!
      2021/09/27
  • 風みたいに、空みたいに、月みたいに、変わらずにいてくれるものが好きなのに。どうして「ずっとこのまま」でいられないのでしょう?

    誰もが一度は思ったことがあるであろう繊細なキモチにきゅっとなります。

    装丁・画 / 杉山 佳奈代

  • 森絵都のデビュー作。幼なじみの3人の中学生の淡くて苦いものがたり。ドロドロじゃない、三角関係。

  • これは微妙すぎて、どこが面白いんだかわからなかった。
    先日読んだ中学生男子向けと思われる「都会のトム&ソーヤ」は十分面白かった。かつて男子中学生だったか、女子中学生だったかの違いなんだろうか。ということは、「都会の・・・」を女が読んでもつまらないのかな。なんかいまいち納得いかない。

  • 中学か高校の頃に読了。

  • 「なにをするのにも一番大切なのはリズムなんだ」 大好きな人からもらった言葉を胸に、たくさんの未来を見つけにいこう♪

    【紙の本】金城学院大学図書館の検索はこちら↓
    https://opc.kinjo-u.ac.jp/

全180件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

1968年生。『リズム』で講談社児童文学新人賞を受賞しデビュー。産経児童出版文化賞、小学館児童出版文化賞など受賞多数。06年『風に舞いあがるビニールシート』で直木賞。著書に『カラフル』『みかづき』等。

「2021年 『〈きもち〉はなにをしているの?』 で使われていた紹介文から引用しています。」

森絵都の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×