悲しみのソビエト―民族をあるく

著者 :
  • 講談社
3.33
  • (0)
  • (1)
  • (2)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 4
感想 : 1
  • Amazon.co.jp ・本 (337ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784062054003

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • (1994.03.22読了)(1993.06.11購入)
    民族をあるく
    (「BOOK」データベースより)amazon
    多発する民族紛争、強まる分離独立運動、憎しみと反目の大地・ソビエトにいま何が起こっているのか。フォト・ジャーナリストの目がとらえた衝撃のルポ。

    ☆関連図書(既読)
    「「夜と霧」をこえて」大石芳野著、日本放送出版協会、1988.09.20
    「闘った人びと」大石芳野著、講談社文庫、1988.10.15

全1件中 1 - 1件を表示

著者プロフィール

●大石芳野(おおいし・よしの) 東京都出身。写真家。日本大学芸術学部写真学科を卒業後、ドキュメンタリー写真に携わり今日に至る。戦争や内乱、急速な社会の変容によって傷つけられ苦悩しながらも逞しく生きる人びとの姿をカメラとペンで追っている。2001年土門拳賞(『ベトナム 凜と』)、2007年エイボン女性大賞、同年紫綬褒章ほか。

「2015年 『戦争は終っても終わらない』 で使われていた紹介文から引用しています。」

大石芳野の作品

最近本棚に登録した人

ツイートする
×