白秋

著者 :
  • 講談社
3.60
  • (1)
  • (4)
  • (5)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 23
レビュー : 1
  • Amazon.co.jp ・本 (302ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784062054188

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  •  こ、これはないでしょ!と思わず叫んでしまった。
     鎌倉の情緒たっぷりで花の描写も素晴らしく、人物の息遣いまでも
    耳に残る素晴らしい作品…と堪能しながら読み進めていく中、
    一人の人物が崩壊の道をたどっていく。
     彼女の名は志津。重病の主人公、真也を献身的に支えているうちに、
    自らの人生を棒に振ってしまう女性である。著者の悪意に満ち満ちた
    キャラ設定に、憎しみを抱く実在モデルがいるのでは?などと考えてしまった。
     殺人まで画策する歪んだ嫉妬心に、信じられない…と思うと同時に、
    その心情が理解可能な自らの心に、恐怖をおぼえるのである。
    若い二人には何の罪もないのに、なぜか彼らに対し苦い感情が
    わいてくる。自分が彼らと同年代なら、間違いなく彼らの清らかさに
    感激すると思う。
     今の私の心には、狂気のまま置き去りにされた志津がまとわりついて離れない。
     ホラーよりも怖い読後感だ。
     落胆して★3つにしたかったが、夢中で読んだのを思い返し★1つ追加。

全1件中 1 - 1件を表示

伊集院静の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

ツイートする