• Amazon.co.jp ・本 (306ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784062055109

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 本書の原動力は、いかに物語を作らないか。そして物語にさせないためには、限りなくエッセイに近い形にしなければならないということ。そしてそれはエッセイであってもいけないということ。そして、一編一編が長くては、多かれ少なかれ「全体」を構成してしまうので、連作という形でなければならないということ。至る所に裂け目や隙間がなくてはならないということ。

全1件中 1 - 1件を表示

尾辻克彦の作品

出口を本棚に登録しているひと

ツイートする