マグレブ、誘惑として

著者 :
  • 講談社
3.75
  • (1)
  • (1)
  • (2)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 16
レビュー : 1
  • Amazon.co.jp ・本 (273ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784062055611

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • モロッコ、チュニジア、アルジェリア……アフリカ諸国をマグレブと呼ぶ。
    土色の土地と独特の熱気を持ち、妖艶な目をもつ女たちが住むモロッコを舞台にしながらエログロはない。爽やかささえある。

    旅のお供。幻想と現実の間。生活の差。
    読中、頭に浮かんだ言葉。

全1件中 1 - 1件を表示

著者プロフィール

1927年, 静岡県生まれ. 2008年4月8日, 帰天. 旧姓静岡高校時代にカトリックの洗礼を受ける. 1950年, 東京大学国文学科入学. 53年, パリ大学に留学. この頃, 単車ヴェスパを駆って地中海沿岸を旅する. 56年に帰国し, 留学と放浪の体験から生まれた『アポロンの島』(57年)によって, 文壇に登場する. 小説作品には, 『試みの岸』『或る聖書』『彼の故郷』『悠蔵が残したこと』『悲しみの港』『ハシッシ・ギャング』ほかがある. 91-95年, 『小川国夫全集』全一四巻刊行. また没後, 『弱い神』『襲いかかる聖書』(2010年), 『俺たちが十九の時──小川国夫初期作品集』『ヨレハ記 旧約聖書物語』(12年)などが刊行されている.

「2014年 『イシュア記 新約聖書物語』 で使われていた紹介文から引用しています。」

小川国夫の作品

ツイートする
×