連鎖

著者 : 真保裕一
  • 講談社 (1991年9月発売)
3.15
  • (1)
  • (4)
  • (19)
  • (2)
  • (0)
  • 本棚登録 :60
  • レビュー :5
  • Amazon.co.jp ・本 (361ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784062055772

作品紹介

乱歩賞史上初の本格ハードボイルド。本年度江戸川乱歩賞受賞作。

連鎖の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 乱歩賞第37回。読み始めてまず思ったのが『主人公ダメ人間じゃーん』だった(笑)。やな奴だなとか思いながら読み進めていった訳だけどもなんか最後キレイにまとまってるし(笑)。推理小説として丁寧に作られた話だと思う。このテーマは食の安全が問題視されてる今ではあまり珍しくもなくなったね。

  • おおむねよかったただ わからないのはそんな正義感ある行動を取れる主人公が親友の妻を寝取ったということまあ 後半でいろいろとその経緯も明かされるのではあるけれどやっぱり屈折とか魔が差すとかいろいろあるのだろうか心無い商売人が増えてくることを予言していたかのような内容に鳥肌がたつ思いも…まぁ公になってないだけで大なり小なり昔からあったことなのでしょうかそっちのほうが恐ろしいけど

  • こりゃあんまりにも複雑な展開が詰まっていて、さらりと読んだんではトリックも何も理解できんぞ。食品Gメンなんて一風変わってるし、現在もますます食品への不安なり懐疑なりが社会的に深まっているから、題材としては立派なんだけどな。

  • 正嗣ちゃんにもらった本 江戸川乱歩賞受賞作
    検疫所に勤める私は親友の竹脇の自殺未遂を知らされる。彼の妻枝里子との三角関係のもつれからの自殺と思われたが、実は食品の不正輸入や密輸にからんだスクープを追っていて偽装自殺で殺されかけたことが分かる。
    竹脇の足跡をたどり、その真実に突き当たった私だが、同時に起こっていた食肉倉庫への農薬ばらまきの謎が残る。
    検疫所の高木と篠田(元)教授との私怨が根底にあった
    真保裕一らしい展開だが、ちょっと風呂敷広げすぎて最後に息切れした感じ。

  • イメージ参照(http://kentuku902.seesaa.net/article/387158372.html)
    江戸川乱歩賞(1991/37回)

全5件中 1 - 5件を表示

連鎖のその他の作品

連鎖 (講談社文庫) 文庫 連鎖 (講談社文庫) 真保裕一

真保裕一の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
宮部 みゆき
真保 裕一
東野 圭吾
奥田 英朗
真保 裕一
奥田 英朗
真保 裕一
真保 裕一
真保 裕一
真保 裕一
真保 裕一
東野 圭吾
真保 裕一
宮部 みゆき
真保 裕一
東野 圭吾
宮部 みゆき
宮部 みゆき
真保 裕一
真保 裕一
有効な右矢印 無効な右矢印

連鎖に関連するまとめ

ツイートする