二歳で本が読める―わが子を優秀児にする早期読書

著者 :
  • 講談社
3.45
  • (2)
  • (2)
  • (6)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 22
感想 : 4
  • Amazon.co.jp ・本 (227ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784062056113

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 序盤は優秀な子供の事例がスラスラと書いてある 読み聞かせの重要性 単語カード 早期教育の可能性が書いてある

  • ヒトは二歳で読書が可能か?と問うなら可能なのだろう。偉人の逸話にもありそうな話。ただこの本ではレアな事例としてではなく、一般的に可能であるとしている。しかも文字を拾うだけではない、味わう、まさに読書が可能だとしている。しかしその味わい方は年齢なりのもの。二歳児が本というメディアと出会うとどんなことがおこるか、の事例が紹介されている。

  • 読書、童謡などの効用、母親が一日中歌っている子供は良く育つ、などなど示唆を受けることが多い。が、如何せん公文テキストの宣伝が多すぎる。著者が著者だから仕方がないが。教育出版社に多いが、「二歳で…」「~才用」などと言うのはたいてい一年か二年早めに設定されており、以て親の焦りを助長させる謳い文句、やはり脅迫めいた宣伝に近いということを見逃してはならないだろう。

全4件中 1 - 4件を表示

公文公の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×