科学的な外国語学習法―日本人のための最も効率のよい学び方

著者 :
  • 講談社
3.55
  • (11)
  • (12)
  • (20)
  • (5)
  • (1)
本棚登録 : 172
感想 : 13
  • Amazon.co.jp ・本 (285ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784062056588

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 33942

  • http://cyblog.j​p/modules/weblo​gs/9107

  • そうかーー。と思う。
    確かに字幕付きで外国語の映画など見ていたら外国語はあたまに入らないし残らない。
    では、英語の場合。
    ・BBCのポッドキャストを聞く。
    ・暗記するくらい声に出す。
    ・書きだす。
    というのをやってみよう。

  • 種々の偏見はさておくにしても、ちっとも科学的ではない意見は如何なものか。
    外国語は早くから取り組む方が良い。12歳未満だと混乱するという意見もあるがそんなことはない。なぜなら、私の知り合いにはそんな様子は見られないからだ。云々。

  • ・日本語がいかに特殊であるか
    ・日本語的勉強法を壊す。

    んー。多読だけではダメっぽいな。
    ってことで多聴も並行してやることにする。
    字幕付きアニメ見れば良いのか。

    英語だけでなく独語、仏語も紹介されてるんが良い。

  • 1.発音が重要。アルファベットは表音文字

    2.語順を意識する(This little white Japanese car.)

    3.冠詞を意識する(定冠詞/不定冠詞/無冠詞)

  • 外国語を習得することはとても大変です。もしその方法間違っていたとしたら…。英語に限らず、ドイツ語・フランス語などの習得にもつながるこの一冊。神経学や心理学、生理学などの研究も取り入れての科学的な学習法の紹介。この本を読んで、外国語習得に向けての再スタートを切ってみませんか?

  • 著者の書き方自体があまり科学的とは言えない…のでとばし読み。

    ただ、表音文字であるヨーロッパ系言語を学ぶにあたっての日本人の弱点…文字に頼りすぎる…についての部分は、心にとどめておくと良いと思いました。

    西洋の小説などを読んでいると、確かに「書き取り」という勉強のシーンがしばしば出てくるのですが、書き取りって、文字通り、聞いたとおり書くというトレーニングなんですね。耳がとても重要。
    漢字文化の私たちにはそんなトレーニングの習慣はありません。漢字の書き取りというのは、「見て、書く」ですから、そのあたりを意識するというのは良いと思いました。
    逆に、西洋の人は「黙読」が苦手らしい、という記述もあって、興味深いなぁと思いました。

  • * 英語の発音練習が重要.大学の講義も聞きとれない.発音がうまいと進歩も早い
    * 英文和訳は悪い勉強法
    * 英語の語順は厳格
    * 表現を覚えただけでは会話できない.本の通りにはならないから
    * 辞書を引くのが一番時間と労力を必要とする,辞書を引かずにテキストを何回も読む
    * 1つの教科書を何回も繰り返し学習するのが鉄則,急がば回れ
    * まず語学のテープだけ買い,毎日2時間は聞く,聞きながら一緒鬼唱える
    * 正しい発音で最初に学ぶ 発音記号をまず学ぶ
    * 分の理解 1.品詞を考える 2.機能を考える 3.文の構造を考える
    * 語尾に注意.必ず語尾をチェック
    * 名詞は3人称,数を考える,性を考える,前置詞,動詞,冠詞のチェック
    * 定冠詞 ある状況やある場所において何が問題になっているか,度の人,どの物が問題になっているかが初対面の人でもわかる場合使う
    * 無冠詞 数えられない名詞には冠詞がつかない
    * 名詞の前には冠詞があるはずだと思って耳を傾ける
    * ofを使う前に名詞化から派生した形容詞を探す
    * 外国語の形容詞は日本語と一致しないことも.確認する
    * 自動詞はもたない,他動詞は直接目的語をもつ
    * 直接目的語には 名詞,代名詞,不定詞,ingがなれる
    * 動詞についても人称,数,主語との一致,時制を考える
    * houseは名詞,hoomeは副詞,だからHe went homeとtoをつけない
    * 直接目的語を最初に口に出さない.最初は主語
    * 線の上から目の焦点を移動させないで読む
    「勉強法」
    * どのようなテープがよいか
    できるだけ教科書の文章があり,発音練習があり,会話の練習がある
    * 聞きとれない音は自分が正しい発音をしていない音素が含まれている可能性あり
    * 最低1000語で80% 追加で100語
    * 必ず声に出して音で覚える
    * 外国語を勉強するときは日本語を使わない
    * すでに学習したテキストの書き取りをする
    * 英語の文法は英語で勉強する.
    * テープで音を覚え,その後で文字を見る,この順序は守る
    * 単語の意味を知ろうとしてすぐ辞書を引いてはいけない
    * 意味がわからない個所は分析をする
    * 書き取りして間違いがなくなれば習得したことになる
    * テキストを朗読してテープに吹き込んでみる
    * 正しい発音ができなければ聞き取りができないし通じない
    * 文法を考えながら外国語を話す努力をする
    * 質問が含まれているテープがよい
    * 欧米では沈黙は失礼
    * 外国にいるのと同じ状態でTVをみる
    * 1か月の休暇に親子で留学
    * 12歳以前に留学すればネイティブになれる

  • 読み終わらないうちに図書館の期限が来て返してしまった。またぜひ続きを読みたい。

全13件中 1 - 10件を表示

佐伯智義の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
小山 龍介
チップ・ハース
J・モーティマー...
スティーヴン・D...
デールカーネギ...
デイル ドーテン
ジェームス W....
マーク・ピーター...
村上 春樹
有効な右矢印 無効な右矢印
  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×