眠らない瞳

著者 :
  • 講談社
3.43
  • (0)
  • (3)
  • (4)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 12
感想 : 1
  • Amazon.co.jp ・本 (238ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784062057424

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 訪問販売の教材の集金の途中で、偶然であった耳子と、その母親の清見。

    力強い眼差しとあふれ出る生命力をかもしだす耳子の身体は痣だらけだった。

    そのいびつな親子にひかれ、自身の妊娠、子供に対する愛情に戸惑いながら
    それでも前へ前へと一つ一つ解決して進んでいく。

    著者らしい。
    人はひとりぼっちだけど周りには自分の人生に影響を与える人がたくさんいて、
    人と言い合ったりしながらもわかり合って成長して
    ずんずんと自分の道を切り開いていく感じ。

    耳子みたいな子供がいたらからみにくいだろうなぁと思った)^o^(

全1件中 1 - 1件を表示

著者プロフィール

1962年北海道生まれ。北海道大学農学部卒。’90年『結婚しないかもしれない症候群』で鮮烈なデビュー後、’91年に処女小説『アクアリウムの鯨』を刊行する。自然、旅、性などの題材をモチーフに数々の長編・短編小説を執筆。紀行、エッセイ、訳書なども手掛ける。2003年『海猫』で第十回島清恋愛文学賞を受賞。

「2021年 『半逆光』 で使われていた紹介文から引用しています。」

谷村志穂の作品

  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×