スウェーデンの王様

著者 :
  • 講談社
2.67
  • (0)
  • (1)
  • (3)
  • (1)
  • (1)
本棚登録 : 13
感想 : 3
  • Amazon.co.jp ・本 (229ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784062058056

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • スウェーデンの王様というタイトルだから
    戦いものかと思ったら楽器の話だった
    でも、その楽器の実物をこの目でみて感じてみたい
    そんな思いに駆られながら読んだ
    ゆっくりと時が流れていくが
    人間の成長する時間はものすごいスピードだ
    特に子どもはすぐ大きくなる

  • H27.2.21
    1992年の古い本で、大きな話の展開はないが面白かった。

  • 小学生の頃に読んだ。スェーデン製の年代ものピアノを巡る物語だったと記憶しているんだけれどどうだろう。

全3件中 1 - 3件を表示

著者プロフィール

訳● 那須田 淳(なすだ じゅん)
猫とコーヒーと散歩が好きな小説家。1995年よりドイツのベルリンに住む。『ペーターという名のオオカミ』(小峰書店・産経児童出版文化賞、坪田譲治文学賞を受賞)などYA向きの本を多数執筆。地球環境のことも気になって、『未来からの伝言 SDGsガイドブック』(講談社)などを手がけ、翻訳も絵本『こわい、こわい、こわい?』(西村書店)などたくさんある。和光大学、共立女子短期大学で非常勤講師もつとめる。

「2022年 『ごみ 世界で一番やっかいなもの リサイクルから環境問題まで』 で使われていた紹介文から引用しています。」

那須田淳の作品

  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×