プワゾン

著者 :
  • 講談社
2.60
  • (0)
  • (1)
  • (2)
  • (1)
  • (1)
本棚登録 : 12
感想 : 2
  • Amazon.co.jp ・本 (237ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784062060486

作品紹介・あらすじ

プワゾン=毒。華やかで、美しく、優しいだけではない。嘘。誘惑。冷酷。したたかさ。女は男の中に知らなかった自分を見つける。本当の自分の香りを探しているひとに贈る10のラブ・ストーリー。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 27歳の「冷たい女」から、40代前半の「ピアノ・コンチェルト」の女まで“女の恋は年齢によってどう変わるのか"をヒロインの目を通して追求した恋愛小説集。“女のダンディズム"には常に“やせ我慢"がつきまとう。この我慢がこらえきれなくなったとき、女は幻想の恋の中へ踏み込んでしまうのでしょうか。
    (1992年)
    — 目次 —
    冷たい女
    海辺の貴婦人
    ある関係
    女友だち
    仮睡
    二回目の別れ
    プワゾン
    静物たち
    パーソナル
    ピアノ・コンチェルト

  • 短編集。冷たい女、海辺の貴婦人、ある関係、女友だち…。興味のあるタイトルが並び、そして、少ないページに凝縮された恋愛がまるでショーのように繰り広げられる印象。読み終えてからあとがきを読むと、思わず、なるほどなぁ、と新たな発見に別の角度から楽しめた。CMのキャッチフレーズじゃないけど、女って楽しい、そう言える本。

全2件中 1 - 2件を表示

藤堂志津子の作品

  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×