イギリスびいき―アクアスキュータムの美学

著者 :
  • 講談社
3.25
  • (0)
  • (1)
  • (3)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 13
感想 : 1
  • Amazon.co.jp ・本 (238ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784062060691

作品紹介・あらすじ

アクアスキュータムを育てた嗜好、ロレンスを駆り立てた気骨、ビートルズを称えた威厳、ホームズを生んだ機知、イギリスに生きる紳士たちが築き上げてきた伝統と格式の流儀とは…。10人の人気作家・英国通が贈る「イギリスを識る」ベスト・エッセイ集。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 改めてイギリス人は、保守的、頑固だと思った、そういう気質がいつまで続くのかな~

全1件中 1 - 1件を表示

著者プロフィール

1949年生まれ。作家・国文学者・書誌学者。慶應義塾大学大学院博士課程修了。 ケンブリッジ大学客員教授、東京藝術大学助教授などを歴任。 ケンブリッジ大学、オックスフォード大学双方で研究のため、英国滞在。 滞在中の体験から随筆『イギリスはおいしい』(平凡社/文春文庫)出版。 同作で日本エッセイスト・クラブ賞を受賞。その後、随筆、小説のほか、 歌曲の詩作、能評論などの著書多数。

「2022年 『春夏秋冬 恋よこい』 で使われていた紹介文から引用しています。」

林望の作品

  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×